サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > メディアが黙殺【タモリ】というタブー
ニュース
“芸能界の真のドン”田邉社長が持つ影響力とは?

不倫報道を止めろ! 全メディアが黙殺した“タモリ”というタブー

+お気に入りに追加

メディアが黙殺した不倫疑惑

「週刊新潮」(7月26日号)において、タモリと脚本家の中園ミホの不倫が報じられた。だが同記事では、中園のマンションへ通うタモリの姿こそ写真に収められているものの、本人への直撃はなく、事務所への確認もなされていない。その理由は次号の同誌で明らかになるのだが、こうしたことも、一部のネットメディアで話題になった。

1809_P016-017_TE_300.jpg
田辺エージェンシーのHPに掲載されている所属タレント。

 世代交代が叫ばれて久しいお笑い業界だが、わずかながらにいまだ大御所のオーラを放っているのが、ビートたけし、タモリ、明石家さんまといった“BIG3”、そしてダウンタウン、とんねるずといった面々だ。中でも、そのプライベートがベールに包まれているのが、タモリである。

「たけしはつい最近も愛人騒動が話題になるなど、過去に何度も女性スキャンダルが噴出。さんまもAV女優とのデート報道、フリーアナの加藤綾子との熱愛疑惑など、女性関係の話題には事欠かない。その点、タモリに関しては不倫どころか、プライベートの話題でさえ、ほとんどメディアで報じられた記憶はないですね」(スポーツ紙デスク)

 そのミステリアスさから、「タモリの写真を携帯電話やスマートフォンの待ち受け画面にすると仕事運が上がるといったゲン担ぎが、都市伝説のように、話が業界内で囁かれた時期もあった」(同)ほどだ。

 タモリを昔から知る芸能事務所の古参マネジャーはこう明かす。

「世間一般的には『笑っていいとも!』(フジ)の司会のイメージが強いタモリだけど、『密室芸』を中心としたデビュー当時の芸風や趣味人としての顔を見てもわかるように、根はオタク気質というか、決して社交性に富んでいるタイプではない。実際、売れてからもたけしのように数多くの弟子を取ったり、さんまのようにプライベートでよく食事をする特定の芸人仲間を作ったりもしない。日向の親分肌の2人とは一線を画す日陰の孤独を愛するタイプです」

 もっとも、芸能界の交友関係がまったくないかというと、そうでもないようだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年12月号

ドラッグの教科書

ドラッグの教科書
    • 【薬物四法】の成立秘話
    • 【日米マリファナ】最新(裏)事情
    • 【大麻と人種】に迫るドキュメンタリー
    • 【舐達麻】がブチかます大麻論
    • 【幻覚剤】の医学的研究
    • 【ミッドナイト・ゴスペル】の見方
    • 【米ラッパー界】ドラッグ最新事情
    • 【元売人トリオ】と契約したエミネム
    • 【ドラッグ表現】の最前線
    • 【満州アヘンスクワッド】麻薬と昭和
    • 【人類とドラッグ】の1万年史
    • 【アンサングシンデレラ】薬剤師はどう見たか
    • 【処方薬】に蝕まれる日米社会
    • 【大麻成分CBD】のグレーゾーン
    • 【CBD】がよくわかるブックガイド
    • 【緊急避妊薬】と堕胎利権
    • 【ピル市販】海外の実態
    • 【サイケデリックス】と宗教的体験
    • マンガの【トンデモドラッグ描写】
    • 【シャブとサウナ】都市伝説を徹底調査

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ
    • 【佐藤あいり】気鋭の女優の美しきボディ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載