サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > メディアが黙殺【タモリ】というタブー
ニュース
“芸能界の真のドン”田邉社長が持つ影響力とは?

不倫報道を止めろ! 全メディアが黙殺した“タモリ”というタブー

+お気に入りに追加

メディアが黙殺した不倫疑惑

「週刊新潮」(7月26日号)において、タモリと脚本家の中園ミホの不倫が報じられた。だが同記事では、中園のマンションへ通うタモリの姿こそ写真に収められているものの、本人への直撃はなく、事務所への確認もなされていない。その理由は次号の同誌で明らかになるのだが、こうしたことも、一部のネットメディアで話題になった。

1809_P016-017_TE_300.jpg
田辺エージェンシーのHPに掲載されている所属タレント。

 世代交代が叫ばれて久しいお笑い業界だが、わずかながらにいまだ大御所のオーラを放っているのが、ビートたけし、タモリ、明石家さんまといった“BIG3”、そしてダウンタウン、とんねるずといった面々だ。中でも、そのプライベートがベールに包まれているのが、タモリである。

「たけしはつい最近も愛人騒動が話題になるなど、過去に何度も女性スキャンダルが噴出。さんまもAV女優とのデート報道、フリーアナの加藤綾子との熱愛疑惑など、女性関係の話題には事欠かない。その点、タモリに関しては不倫どころか、プライベートの話題でさえ、ほとんどメディアで報じられた記憶はないですね」(スポーツ紙デスク)

 そのミステリアスさから、「タモリの写真を携帯電話やスマートフォンの待ち受け画面にすると仕事運が上がるといったゲン担ぎが、都市伝説のように、話が業界内で囁かれた時期もあった」(同)ほどだ。

 タモリを昔から知る芸能事務所の古参マネジャーはこう明かす。

「世間一般的には『笑っていいとも!』(フジ)の司会のイメージが強いタモリだけど、『密室芸』を中心としたデビュー当時の芸風や趣味人としての顔を見てもわかるように、根はオタク気質というか、決して社交性に富んでいるタイプではない。実際、売れてからもたけしのように数多くの弟子を取ったり、さんまのようにプライベートでよく食事をする特定の芸人仲間を作ったりもしない。日向の親分肌の2人とは一線を画す日陰の孤独を愛するタイプです」

 もっとも、芸能界の交友関係がまったくないかというと、そうでもないようだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

禁じられたSEX論

禁じられたSEX論

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【永尾まりや】肉じゃがが得意なんです。
    • 【遠山茜子】No.1ギャルと呼ばれる苦悩
    • 【AK-69】が語るヒップホップドリーム
    • 【電子たばこ】は身体に悪いのか?
    • 祝TBS退社!【いつも宇垣に恋してるッ】
    • 【メイカーの伝道師】が語る日本人が目指すべき道
    • 高須基仁/【ツイッター】下品さに喝
    • 【エイプリルフール】という祭り
    • 日本のスーパーが【アリババ】に制圧される日
    • 町山智浩/【ビリーブ】アメリカの未来を担う女性最高判事
    • 【勤勉さで経済大国に】という日本人の誤認
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/ちえみリボーン
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/【失恋ショコラティエ】で女たちは"第二希望"を受け入れた
    • 世界でファンを増やし続ける【SHIBARI】とは?
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【琉球】でビールを造る老舗酒販店の3代目
    • 伊藤文學/【薔薇族】万引きで自殺した少年
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』