サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > マギーの熱愛スクープは“不倫女”払拭のための仕掛けだった?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

ハイスタ横山はどうなった? マギーの熱愛スクープは“不倫女”払拭のための仕掛けだった?

+お気に入りに追加
1808_maggy.jpg『Your まぎー』(講談社)

 あまりにも写真が鮮明過ぎるため、“ある疑惑”がささやかれている。

 8月3日発売の「フライデー」(講談社)が、モデルでタレントのマギーとK‐1王者・武尊とのお泊り愛をスクープ。記事には、4日間にわたる2人のデート現場を詳報されているが、まず見開きページでは2人がそろって武尊の白いベンツに乗り込む瞬間、そして次の見開きには月島を並んで歩く2ショットと、店でもんじゃ焼きを楽しむ姿が激撮されている。写真を見た週刊誌記者が言う。

「これはちょっと出来すぎな写真ですよ。ベンツの写真を見る限り駐車場は満車に近い。車中から狙っているのでしょうが、カメラマンはベストポジションに車を停めることができている。月島での歩行シーンは、人通りがなさそうな路上で、彼らの進行方向に事前に回り込んで待ち構えていますし、もんじゃ焼きの店でもかなりの至近距離でブレもまったくなく、ピントもバッチリです。相手にバレないようにしながら、こんなに鮮明な写真を撮るのは、至難の業ですよ」

 マギーといえば、昨年1月に既婚者で2人の子供を持つロックバンド「Hi-STANDARD」の横山健との不倫を同じく「フライデー」に報じられている。その1年前のベッキーに始まり、著名人のゲス不倫が相次いでいた時期だったが、マギーは会見も開かず、逃げの一手を決め込んでいた。

「所属事務所からは各メディアに対して、マギーの不倫に触れないようにお達しがあったとされ、その後もレギュラー番組は続投となりました。しかし、そのことで視聴者からの反感を買い人気は失速。以来、目立った芸能活動ができていない。そこで事務所サイドが『フライデー』に花を持たせる形で段取りをした可能性はありそうです。同じ号では関ジャニ∞・錦戸亮と人妻の不倫もスクープしていますが、目次の後の第一特集にはマギーのほうを持ってきている。しかし、表紙のほうは錦戸のほうがトップ記事扱いとなっていますから、編集部としてもニュース価値は錦戸のほうが高いとわかっているわけです。つまり、事務所との共作スクープであるために、掲載位置だけは“一等地”にして義理を果たしたと深読みできます」(同)

 マギーは“不倫女”のイメージを払拭して、芸能界の中心に帰ってくることができるだろうか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』