サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > メイドインコリアがマンガ界を席巻!?【1】/猛威を振るう【韓国】ウェブトゥーン
第1特集
メイドインコリアがマンガ界を席巻!?【1】

韓国の制作会社が日本人編集者を引き抜き?――韓国ウェブトゥーンが猛威を振るう日本マンガアプリ市場

+お気に入りに追加

韓国では、「ウェブトゥーン」というPCやスマホで読むマンガが早くから発展。そして今、韓国資本のLINEマンガ、comico、ピッコマといったアプリが日本のマンガ市場で存在感を放つ。これらアプリのビジネスモデルをひもとき、そこで配信されるヤバい作品を挙げながら、ウェブトゥーンの強度を探りたい。

1802_P042-045_01_300.jpg
XOYのテレビCMには、マンガ好きを自称する広瀬アリスが出演。

 近年、スマホで読めるマンガアプリが続々と登場し、その利用者も急増している。2017年3月にニールセンが発表したマンガアプリ利用状況によると、同年2月の月間利用者数は1位が「LINEマンガ」の279万人、次いで「comico(コミコ)」の260万人、3位は「マンガワン」の247万人で、4位以下は月間100万人規模の「マンガボックス」「少年ジャンプ+」「GANMA!(ガンマ)」と続く。

 LINEマンガは日本国内で累計1800万ダウンロード(17年12月時点)を超える日本最大のマンガアプリ。運営元はLINEであり、同社は韓国最大のインターネットサービス会社、NAVERの子会社である。2位のcomicoは、NHN comicoが運営。つまり、利用者数トップ2が、いずれも韓国資本のマンガアプリなのだ(ちなみに、LINEの公式見解によると、LINEマンガは日本で開発され、日本で運営しているアプリだという)。

 さらに、「XOY(ジョイ)」の運営元もNAVERだが、ムロツヨシ出演のテレビCMで知られる「ピッコマ」は、メッセンジャーアプリのカカオトークを展開し、韓国ではNAVERのライバルであるDAUMカカオの日本法人、カカオジャパンが運営する。

 韓国のマンガアプリに特徴的なのが、「ウェブトゥーン」と呼ばれるスマホのUIに合わせた縦スクロール形式のマンガである。日本では、comicoで連載中で、アニメ化・映画化された人気作『ReLIFE』(夜宵草)により広く知られた。

 なお、comicoやXOYはこのウェブトゥーンに特化したアプリであり、韓国人作家によるウェブトゥーンを日本向けに翻訳・ローカライズ(登場人物の名前を日本名にしたり、地名や紙幣を日本のものにしたりする)した作品や、『ReLIFE』のような日本人作家の作品を扱う。一方、LINEマンガとピッコマは、日本の各出版社の連載マンガを掲載するプラットフォーム型のアプリで、後者はオリジナルのウェブトゥーンも扱う。

 日本のマンガアプリ市場は、これら韓国勢に押されつつあるのだ。

 まず、日本と韓国のマンガアプリのビジネスモデルは、どう違うのか? マンガやネット文化に詳しいライター/編集者の飯田一史氏によれば、韓国勢の特徴は「基本的に広告を入れず、コンテンツを売ろうとしている」点にある。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

間違いだらけの10代ビジネス

間違いだらけの10代ビジネス

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ