サイゾーpremium  > 連載  > 高須基仁の「全摘」―お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"   > 高須基仁の「全摘」/2018年は往年のアイドルを脱がせてみせる!
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」No.67

2018年はバブル再来!往年のアイドルを脱がせて、最後の勝負に出るぞ!

+お気に入りに追加

──年齢不詳、職業不明、痛風持ち……老獪タカスが、自らの五臓六腑をすする気合で過激に告白&提言

1802_TAKASU1801_230.jpg
この連載をまとめた『乾坤一擲わんざくれ』が発売された。サイゾーに損させないためにも、私は力ずくで売る。周囲には、金が余っている人がゴマンといる。彼らに1000冊単位で買ってもらう。

 身内が証券番組のMCをしており、末弟が長く証券会社に勤めていることもあるせいか、確信をもっていることがある。2018年3月以降、バブル好景気が間違いなく始まる! 80年代の半ばに全身の皮膚で感じたものと同じものを感じる。

 80年代、私は外資系の社長を経て身体を壊し、バブル全盛時は胃の3分の2を切除、検見川の海っペリのマンションに丸3年蟄居した。だから、バブルの狂乱は冷静に見ていた。

 バブル崩壊時に商売を始めた私は、売れるものを次のように予測する。ひとつは美容整形。男女関係なく“人”が美容整形する時代になる。高須クリニックたるや、バブルの頂点にいるかのような広告展開。院長の高須克弥は「昭和天皇の独白録」をニューヨークの競売で3000万円で落札。大相撲でも「高須クリニック」で懸賞金をガンガン出している。彼は今年73歳。この金満ぶりは刹那であるが、美容外科クリニックビジネス自体はしばらく大繁盛するだろう。日本の美容整形技術は東アジア全域に広がる輸出産業として発展する!

 2つ目、少子高齢化がますます進み、子どもに対する親の投資額が爆増。玩具を含む子ども産業が爆発的に伸びる! 私の出身母体であるタカラトミーは「チョロQ」というミニカーを作っているが、玩具産業が自動車産業に参入し、子ども用電動小型車を発表する日は遠くない。

 3つ目、この世界情勢のまま行けば軍需産業が拡大。アメリカのPX(米軍用商店)が免税店という形で日本の一般の街に進出、徹底的な安売りで価格破壊する! かつて銀座松屋、服部時計店もPXだった。PXは治外法権、関税ナシ。それを門戸開放し、パスポートさえあれば入れるフルアクセスになれば、日本のスーパーやコンビニが潰れる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』