サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > あの“ハゲ芸人”が、豊田真由子前衆院議員を「急襲」した舞台裏を激白!
1711_yurioka.jpg
『ユリオカ超特Q -Q展- [DVD]』(CURIOUSCOPE)

“ハゲ”ネタでおなじみの漫談家・ユリオカ超特Qが11月4日、都内で行われたお笑いライブに登場。先の衆院選で“ハゲの天敵”豊田真由子前衆院議員を「急襲」した舞台裏を語った。

 豊田氏といえば、元秘書への「このハゲー!」などの暴言騒動で自民党を離党。先の衆院選では無所属で立候補したが、落選していた。

 その選挙戦が佳境に入った10月20日朝のことだった。選挙運動中の豊田氏に、頭の禿げた男性が駆け寄り、「ハゲは怒ってます」と苦言を呈する場面が情報番組『ビビット』(TBS系)で放送されたのだ。

 豊田氏は狼狽しながら、「うちの夫もそうなので……」などと対応。声をかけた男性は「じゃあよかったです。(ハゲを)代表して許します」と握手した。

「番組では女性レポーターがその男性を直撃するも、あくまで一般人として扱っていました。しかし、めざとい視聴者が『ユリオカさんじゃねえか』『ユリオカさんが面白すぎて吹いた』とネット上でコメント。ネットニュースでも取り上げられるほど話題となりました」(芸能ライター)

 今回のお笑いライブで、ユリオカは、この件に言及。その顛末をこう明かしていたという。

「ユリオカさんは、一度は“ナマ豊田氏”を見てみたいと思い立って、選挙事務所にスケジュールを確認。早朝から豊田氏を待ち構えていたそうです。『ビビット』と鉢合わせたのは本当に偶然だったそうで、番組スタッフには自分が一般人でないことを目で訴えかけたそうですが、認識されていなさそうな空気を察知、そこで一般人を演じることに切り替えた。オンエアで使われるために、芸人人生で初めて、わざとヘタに受け応えして“一般人らしさ”を演出したそうです。ネットで話題になったことで、ユリオカさんを知らない人は名前を検索して調べようとしたはず。ところが、画像のトップにはユリオカさんとよく似ていると言われるイジリー岡田さんの顔が間違って上がっているため、知名度アップにはつながらなかった、とボヤいていましたよ」(観客の一人)

 落選した豊田氏だが、「ハゲの代表」との歴史的和解を果たせただけでも、立候補した意味はあった……かも!?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』