サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 裏原系の立役者たちは今、何をしているのか?/【裏原系】人脈のその後
第1特集
裏原系の立役者たちは今、何をしているのか?【1】

エイプ、アンダーカバー、ネイバーフッド……NIGOと藤原ヒロシは没落? “裏原系”人脈のその後と現在

+お気に入りに追加

――約20年前、一世を風靡した“裏原系”ファッション。だが、その人気はやがて衰え、11年には代表ブランドであるア・ベイシング・エイプが香港のアパレル企業に買収された。ほかにも数多くのブランドが姿を消していったが、現在、あのブームの立役者たちは何をしているのか――。裏原系版「あの人は今」!

1711_P060-063_photo01_230.jpg
エイプのロゴを手がけたスケートシングがデザイナーを務めるC.Eのホームページ。

 90年代、“裏原系”というムーブメントがファッション界を席巻した。裏原(裏原宿)とは、原宿駅から見て明治通りの先にある原宿通りや渋谷川遊歩道一帯を指す。当時、竹下通りや表参道と比べて賃料が安く、若者が出店するには都合のよい場所だった。

 裏原系ショップの先駆けは、ア・ベイシング・エイプ(以下、エイプ。93年設立)のNIGO(本名・長尾智明)と、アンダーカバー(89年設立)の高橋盾(通称・ジョニオ)が93年にオープンしたノーウェアといわれる。この出店をサポートしたのが、グッドイナフ(90年設立)の藤原ヒロシだ。なお、「NIGO」という名前は、彼の顔が藤原に似ていたことからついた「藤原ヒロシ2号」という愛称が元になっている。

 このノーウェアの人気に火がつくと、ネイバーフッド、バウンティーハンター、ヘクティク、ソフ、デビロック、ナンバーナイン、リボルバーといったブランドが次々に誕生し、90年代末に裏原系ブームはピークを迎える。これらのブランドは、Tシャツ1枚が6000円以上するなど高額だったが、新作の発売日には開店前から大行列ができ、即完売&即転売されてプレミアがつくのが常であった。

 しかし、00年代に入ると裏原系ブランドは勢いを失い、多くが人知れず姿を消した。11年にはエイプを展開するノーウェアが香港のアパレル企業、I.Tに売却され(このときノーウェアは、約43億円もの負債を抱えていた)、13年にNIGOがエイプのクリエイティブディレクターを退任。もはや裏原系は終わったとされるが、本稿ではブランド関係者たちの“その後”を追ってみたい。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』