サイゾーpremium  > 連載  > 精神異学~忘れられた治療法~【3】/謎の【メスメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
連載
精神異学~忘れられた治療法~【3】

【精神科医・岩波明】 謎の「メスメリズム」は18世紀欧州の“気功法”

+お気に入りに追加

[語句解説]メスメルの「動物磁気」

1709_seisinigaku_mesmer_250.jpg

1734年に生まれたドイツの医師、フランツ・アントン・メスメルによって提唱された“治療法”のこと。人体は、月や惑星の影響のもと“磁気”を帯びており、この磁気をコントロールすることによって病気が治癒すると説くもので、「メスメリズム」とも呼ばれた。彼は一貫して自説を科学的なものだと信じていたが、彼の名は英語の「催眠術をかける」(mesmerize)の語源ともなっている。


 よくある身体の症状として、「痛み」があります。頭痛や腰痛で悩んでいる人は数多い。けれどもこうした痛みに明確な身体の異常が必ず伴っているかというと、そうでない場合もある。原因がわからない「痛み」は、実のところかなり多いのです。痛みをはじめとする身体的な症状は本来、内科、整形外科などが扱うべきものですが、実際には外来を受診した患者の半数以上に、身体的な異常は発見されなかったという報告も存在しています。

 身体的な異常が見られない場合、通常の医療はそれ以上の診療を行うことはできませんが、それでは患者当人は納得せず、「治療」を求めることが多い。検査で異常がないといっても、痛みなどの症状は持続しているわけですから。

 こうした場合、一部の患者は病院を転々とすることになります。いわゆるドクターショッピングです。また代替医療にすがる人もいるでしょう。時には相当高額な金を払い、「気功」などの怪しげな治療法にすがることともなる。不思議なことに、こうした根拠のない治療が効果を上げたように見えることもしばしばあります。

 代替医療が「痛み」に対して目覚ましい効果があるように見えるのは、痛みの本体が心理的な原因によるためかもしれません。数年前に話題になった民間療法に、「ごしんじょう療法」というものがあります。これは「ごしんじょう」と呼ばれる金の棒を患部に当て、痛みなどの改善を図るものですが、少なくない著名人が称賛の声を上げていました。

 そもそも身体的な異常がないにもかかわらず痛みなどを知覚することは、ある種の幻覚に近いともいえます。しかし患者本人は痛みを感じているわけで、意識的にウソをついているわけではない。「偽りの現象」であるにもかかわらず、患者は執拗に症状を訴えるのです。

 多くの代替医療は科学的には根拠のないもので、このような症状を固定化してしまいます。それでは通常の医療はどうかというと、異常はないと冷たく突き放すか、あるいは効果があるとも思えない薬物を延々と投与し続けることさえあるわけです。

 身体に異常が見られない「身体症状」の治療について、18世紀に活躍した2人の「奇人」が名を残しています。ひとりは錬金術師と名乗り、自ら「伯爵」と偽称したカリオストロという人物です。

 シチリア島生まれのカリオストロは欧州各国の貴族社会に入り込み、当時の神秘嗜好の流行に乗って、錬金術による医療や降霊術による予言の儀式を行いました。カリオストロの「治療」は成功し、彼の元には多くの信奉者が集まりました。実はカリオストロは貧しい家の生まれであり、窃盗、詐欺、紙幣偽造などの犯罪を繰り返し行ってきた人物でした。その一方で彼は、社交サロンの寵児として貴族や王侯を魅了したのです。

 修道院で薬学を学んだカリオストロは、独自の鎮痛薬、強壮剤、媚薬などを作ることができ、本職の医師に劣らない腕前でした。降霊術における霊との交信が「治療」となることもあったといいます。カリオストロの「治療」は貴族を対象とすることがほとんどでしたが、ロシア滞在時には貧しい一般民衆を無料で治療し大きな支持を集めたことが知られています。詐欺師だったと非難されることの多いカリオストロですが、一方でかなりの人気があり、その生涯は何度も映画化され、モーツァルトの『魔笛』においても、ザラストロという名で登場しています。

 そしてもうひとりの「奇人」が、今回のテーマであるメスメルです。ドイツ生まれの医師であるメスメルは、「動物磁気」の概念を提唱したことで知られています。メスメルはこの「動物磁気」を用いて今日の「ヒステリー」に相当する多数の患者の治療を実践し、大きな成功を得ています。ここでいうヒステリーとは、「身体的な異常が見られないにもかかわらず、さまざまの身体症状が持続して認められる疾患」を意味します。具体的には、前述した「原因のはっきりしない痛み」、「歩行障害」などの運動面での障害、「目が見えない」といった感覚面での障害などを含みます。

 メスメルは1759年にウィーン大学で医学の勉強を開始、1766年には『人体への惑星の影響について』という博士論文を発表し、月や惑星の人体および病気への影響を論じました。

「人体は天体の多様な運動に実に激しく揺り動かされ、さまざまな影響力をこうむることが判明しました。ですから、医師たるものが星の影響力にかつてない関心を示し、その研究に専念することは妥当であるばかりか有益このうえないはずであります」

 メスメルは、人体の中にも潮の干満があり、その原因は太陽や月の運動に違いないと主張しています。このような考え方は占星術の影響を受けたものであることは確かですが、この「学説」はのちに、イギリスの医師リチャード・ミードの著作の盗作であることが明らかにされています。1768年にメスメルは、オーストリアのウィーンで裕福な未亡人マリア・アンナと結婚し、医師として開業しました。メスメルは音楽に造詣が深く、ウィーン時代にはモーツァルトなどのパトロンともなっています。

 メスメルは、自分が患者に近づいたり遠ざかったりすると患者の出血量が変化することを発見した、とも主張しました。このことから彼は、自分が「磁性」を帯びており、その磁性によって患者の治療が可能になると結論したのです。実際の「治療」においてメスメルは、患者の前に膝が触れ合うくらいの距離で座りました。両手で患者の両方の親指を押し、患者の目を見つめます。さらには患者の肩から腕に沿って手を動かし、それから患者の上腹部を指で押して長時間そこに手を置きました。多くの患者たちはこの「治療」によって奇妙な身体感覚を覚え、けいれんを起こして治癒したといいます。これによってメスメルの名声は高まり、彼のもとにさまざまな症状を持つ患者が殺到することとなったのです。

 さらにメスメルは、多くの患者を同時に治療するため、「磁気桶」を考案します。これは、水で満たした桶の中にガラスの破片や石、鉄くずなどを入れたもの。桶には鉄棒とひもがつけられていました。患者はその鉄棒に体を当てひもに結び付けられると共に、互いも綱でつながれ輪を作って桶を囲みます。メスメルが近くに来ると、患者の何人かに不思議な身体感覚が生じ、それが次第に他の患者にも伝わって症状が回復するという現象が見られたのです。

 このようなメスメルの治療には、エロティックな雰囲気を伴うものもありました。男性の治療者は女性と向き合い、自分の両膝で女性の両膝を締め付けます。男性は左手で女性の腹部をさすり、右手を女性の背中に回します。2人の体が振動するように動きだすと、お互いの顔が近づく。女性の顔は次第に赤くなり、眼は燃えるようになる。眼瞼はうるみ、呼吸は短くなったり途切れたりするようになったのだそうです。

 メスメルは自分の学説や治療法を医学的に正当なものと信じており、意図的に人をだまそうとしたわけではありませんでした。彼は自らの方法が、一般の医学界から承認されることを強く望み、当時の実力者に働きかけましたが、当時の知識人たちは、メスメルを認めることはありませんでした。ベルンのある牧師は、メスメルの治療について次のように記しています。

「……メスメルは2人の人間に少しも触れることなく、実際にけいれんを起こさせた。われわれはそこではっきりと、彼の金で縁取りした衣装、いかさま師、魔術師のような動き、聞き慣れない言葉などが2人の患者を驚かせ、それがけいれんを起こさせるのを見た」

 パリにおいてもメスメルは成功を収めましたが、ここでも学者からは受け入れられることはありませんでした。もっとも、開業医や一般の人々の間で彼の名声は高く、磁気療法の入門書も広く出回りました。またフランスの文豪バルザックはメスメルの信奉者であったことも知られています。メスメルの「動物磁気」による治療は催眠術の「発見」につながり、さらに後の時代、シャルコーによるヒステリー学説やフロイトによる精神分析につながっていきます。しかし今日の目から見れば、彼の治療法は科学的な根拠のない暗示によるものであり、効果のない代替医療の一種であったと考えるのが適切でしょう。

[参考文献]イアン・マカルマン『最後の錬金術師 カリオストロ伯爵』(2004年、草思社)/ジャン・チュイリエ『眠りの魔術師メスマー』(1992年、工作舎)/エティエンヌ トリヤ『ヒステリーの歴史』(1998年、青土社)

岩波 明(いわなみ・あきら)
1959年、神奈川県生まれ。精神科医。東京大学医学部卒。都立松沢病院をはじめ多くの精神科医療機関で診療に当たり、現在、昭和大学医学部精神医学講座教授にして、昭和大学附属烏山病院の院長も兼務。近著に『発達障害』(文春新書)などがあり、精神科医療における現場の実態や問題点を発信し続けている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ