サイゾーpremium  > 特集2  > 姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」【3】/【里咲りさ】が語るグループの終わり方

――“運営兼メンバー”として「少ナショ」の立ち上げ経験がある里咲りさに聞く、「揉めない方法」。

たぶん、いまは増えすぎたアイドルグループが淘汰されている最中――ソロアイドル【里咲りさ】が語る「アイドルグループの終わり方」の画像1
里咲りさオフィシャルブログより

 少女閣下のインターナショナル(以下、少ナショ)を作る前に自分が所属していたアイドルグループでは、交通費も自腹でギャラももらえなかったんですよ。その時は本当にキツかったので、少ナショではお金についてはちゃんとしようと最初から決めてました。少なくとも高校生のアルバイト代くらいのギャラは払うと決めていて、交通費も別途運営持ちでした。

 知り合いの弁護士さんに相談し、契約書も交わしました。未成年メンバーの場合は保護者にもサインしてもらいました。おかげでトラブルも回避できたし、ご家族にも応援していただけたと思います。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年6月号

“新型コロナ報道”の正しい読み方

“新型コロナ報道”の正しい読み方

緊急鼎談“感染文学”のススメ

緊急鼎談“感染文学”のススメ
    • 【石丸元章×海猫沢めろん×吉川浩満】“感染文学”のススメ

NEWS SOURCE

インタビュー

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ