サイゾーpremium  > 特集2  > 姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」【2】/疲弊する【地下アイドル】の現場

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

1705_img007_520.jpg
[SCENE 1]制服で仕事現場へ・2014.11.27
学校終わりに制服のままレッスン場へ。アイドル活動始めたこと、友達にバレたらどうしよう!

 現在のアイドルは、“運営”の規模によって大手芸能事務所系とインディペンデント系に大別される。AKB48グループ(AKS、太田プロダクション、プロダクション尾木など)、ももいろクローバーZ(スターダストプロモーション)、ハロー!プロジェクト(アップフロントプロモーション)などは大手芸能事務所系であり、当然、知られているグループが多い。

 一方、小規模な芸能事務所や音楽レーベルが運営するアイドルはインディペンデント系であり、そのアイドルを運営するために事務所が設立されるというケースも多い。14年に横浜アリーナで解散コンサートを行ったBiS(つばさレコーズ/現在、再始動中)や、でんぱ組.inc(ディアステージ)はインディペンデント系の成功例といえるだろう。

 今回、立て続けに解散や活動休止となった“ブレイク予備軍”のアイドルたちは、ほとんどがインディペンデント系だ。彼女たちの多くは、小さなライブハウスで複数のアイドルが出演する対バンライブをこなし、物販でファンと交流を深めながら知名度を上げ、ついにはZepp 東京など2000人規模のワンマンライブを成功させるに至っている。有象無象の地下アイドルらの多くが100人のファンも集められずに解散していくことを考えれば、確実に結果を出したグループだといえよう。

 しかし、この“Zeppクラスのワンマンライブ”こそ、インディペンデント系のアイドルにとっての大きな壁なのだという。アイドル専門ライターの岡島紳士氏はこう語る。

「初めてのZeppワンマンは成功しても、普段の対バンライブは50人とか100人しか集まらないということはよくある話。そのグループにとって特別な意味のあるライブであれば他グループのファンも駆けつけるけど、毎回ライブに足を運ぶような熱心な固定ファンはそれほど多くないというのが、多くのファンのあり方なんです。こうした“ブレイク予備軍”をしっかりと追っているアイドルファンの絶対数が、首都圏で2000~3000人程度なんでしょう。Zeppより上に行くには、それ以外の非アイドルファンも巻き込んでいかなければ、実際の集客には結びつかない」(岡島氏)

1705_img003_520.jpg
[SCENE 2]ライブのフリ練習・2015.1.5
来週末の対バンライブまでに6曲分のダンスを憶えなきゃ。あ~不安だよう!

 もしもZeppの先――例えば1万人規模の日本武道館でのワンマンを成功させたいのであれば、別の力が必要になってくる。それは、強大な資金力やコネクションだ。

「数千人規模であればツイッターなどの力だけでもなんとかなるでしょうが、1万人を集客するとなると、それだけでは苦しい。メディアを巻き込んで広く宣伝しなくちゃいけないし、大きくニュースになるような話題性も必要。インディペンデントなアイドル運営にはそのノウハウはないので、結局は大手芸能事務所や、所属は大手でなくともメジャーレコード会社との契約といった力が不可欠になるわけです。Zeppクラスのワンマンは、大きな成果であると同時にインディペンデント系にとっての限界でもあるんですよ」(岡島氏)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』