サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【芸能ニュース】ジャニーズ露出過多と木村拓哉の海外進出
ニュース
SMAPはとても偉大でした

SMAP解散の余波? ジャニーズ露出過多と木村拓哉の海外進出

+お気に入りに追加

国民的アイドルの解散で変わる体質

SMAPの解散は、ジャニーズ事務所にも多大なる影響を及ぼしている。そのひとつに、メディア露出への柔軟な対応があるという。これまで、頑なにウェブメディアへの露出――ことさら、事務所の看板とも言えるタレントに対しては――制限されてきたが、映画『無限の住人』では、これまでとは違った対応を見せたというが……。

SMAP解散の余波?ジャニーズ露出過多と木村拓哉の海外進出の画像1
映画『無限の住人』の公式HP。センターはキムタク!

 昨年、世間を大いに騒がせたSMAPの解散騒動以降、ジャニーズ事務所に変化の兆しがうかがえる。つい最近も、所属のジャニーズWESTのメンバー全7名が、動画配信大手Netflixのオリジナルドラマ『炎の転校生 REBORN』で主演を務めることが発表された。これまでジャニーズといえば、所属タレントの肖像権を厳格に管理することでも知られ、強硬にインターネットへの露出や規制を敷いてきたが、ここにきてまさかのネットドラマ進出となった。その背景をジャニーズ事務所に近い業界関係者はこう語る。

「きっかけとなったのは、SMAPの解散騒動。女帝と言われるメリー喜多川副社長が高齢ということもあり、これまでインターネットは歯牙にもかけていなかった。ところが解散騒動の際、昵懇だったスポーツ紙や女性週刊誌による報道が、ネット上でことごとく批判かつ否定され、さらに自身や会社に対する強烈なバッシングが巻き起こることに。結果、連日、会社にクレームや嫌がらせ、脅迫の電話がかかってくるようになり、ネットに脅威を感じたそうです」

「メリー副社長がノイローゼになったという」(同)話も一部で囁かれていたが、今回のネットドラマ解禁以前からこんな予兆もあったという。

「今年に入ってからというもの、ウェブ媒体に対して、映画『無限の住人』絡みで木村拓哉のインタビュー転載【1】をOKしたり、映画『PとJK』絡みで、メリーさんお気に入りの亀梨和也のインタビューを許可したりしていましたね」(映画誌編集者)

 一方で、タレント管理についても変化が見られるようだ。2月下旬、「週刊ポスト」(小学館)のスクープで発覚した嵐の櫻井翔とテレビ朝日の小川彩佳アナウンサーとの熱愛報道では、2ショットや、小川アナの自宅のベランダにTシャツ姿で現れた櫻井の様子が、写真とともに生々しく報じられている。

「そもそも、同誌を発行する小学館とジャニーズ事務所は蜜月の仲。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』