サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 芸能ニュース/記者が語る【新生SMAP】誕生の可能性

SMAPから熱愛スキャンダルまで

長引くSMAP報道を尻目に、年始の芸能マスコミでは、いわくつきの人物との不倫やできちゃった結婚、さらには未成年との交際など、多くスキャンダルが報じられた。これらの裏側、さらには後日談は、果たしていかなるものなのか? 現場の芸能記者や芸能プロ写真らが匿名で赤裸々告白!

1703_NSHP_230.jpg
できちゃった結婚を報告した、伊藤千晃所属レーベルによるAAAのプロフィール。

A:スポーツ紙デスク
B:週刊誌記者
C:女性誌記者
D:芸能プロダクションマネジャー

A 昨年、大きな話題を呼んだSMAPの解散だけど、年が明けてからも「週刊新潮」と「女性セブン」が木村拓哉を除くメンバー4人と元メンバーの森且行による慰労会を報じるなど、いまだに注目を集めているね。

B 会場となったのが、六本木にある堺正章プロデュースの焼肉店。東京ミッドタウンの目の前で、しかも大通り沿い。話題にしてくれと言わんばかりに(笑)、渦中の国民的アイドルグループが極秘に会食するにはあまりにも不自然な場所だ。

C ジャニーズ残留に暗躍したとされる木村以外のメンバーは、いまだに独立および元チーフマネジャーの飯島三智氏との合流の噂が絶えない。彼女を裏でサポートしていると言われているのが、田辺エージェンシーの田邊昭知社長だけど、彼の配下のひとりとも言われている川村龍夫会長擁するケイダッシュグループの所属で、関連会社の役員にも入っているのが堺正章ってワケだから、件の慰労会はなんともキナ臭い。

D 実際、慰労会をセッティングしたのは、ケイダッシュの役員で、飯島さんと懇意のS氏っていう話もあるからね。話はそれるけど、彼、そろそろ女子アナとの熱愛が報じられるって話だよ。それにしても不可解なのは、なぜこのタイミングで、芸能界と距離を置いている森クンが参加したんだろう?

A どうやら“香取対策”ということらしい。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』