サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > ホームレスから見たマンガ界/『マンガ雑誌』の危機的状況

――繁華街の駅前で、マンガ雑誌を路上販売しているホームレスらしき人々を見かける。毎日のように電車内の棚やゴミ箱に捨てられた雑誌を漁って仕入れる彼らは、最新のマンガの動向を知り尽くしているようにも思えるが、そんな社会から追い出された者たちの視点から、マンガ業界を覗いてみると、意外な現状が明らかになった?

1702_homeless_230.jpg
マンガ雑誌以外にも、最新の週刊誌や月刊誌もある。「月刊サイゾー」の取り扱いはないらしい。

「マンガはなんでも読むよ。『週刊少年ジャンプ』(集英社)、『週刊少年マガジン』(講談社)、『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)、『ビッグコミックオリジナル』(同)、『週刊ヤングマガジン』(講談社)。やっぱり『ビッグコミックオリジナル』はいいよな。なんたって、『釣りバカ日誌』(小学館)が載っているし。女性マンガ誌もあったら読むけど、最近オレは『花とゆめ』(白泉社)しか拾えないし、中身も恋愛ばっかりでつまらないな」

 こう語るのは新橋を根城にしているホームレス歴40年の男性だ。昔は都内を回りマンガ雑誌を拾い集めてシノギにしていたらしいが、高齢になった今では新橋を中心に捨ててあるマンガ雑誌を拾い、また自らもあり余る時間を潰すために読んでいるという。

 都市部の繁華街には、誰かが読み捨てたマンガ雑誌などを、駅や街中でホームレスたちが拾い集め、古本として100~300円という安価で販売する路上販売所がある。先ほどの新橋のホームレスいわく、この路上販売所は組織的なシステムで、収集係のホームレスが都内でマンガ雑誌を拾い集めて販売所に1冊50円程度で売り、販売所は暴力団にショバ代を払って営業しているという。

 言ってしまえばこれは出版物の流通という点において最底辺であるともいえるだろう。そんな低い位置からマンガ市場を覗いてみれば、日常では知ることのできない本当のベストセラーが見えてくるのではないか? 彼らに密着して、その真相を探っていこう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』