サイゾーpremium  > 連載  > 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」  > 更更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【21】/幽霊、マンガの国は幸福な黄昏の中で。
連載
更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【21】

「おっさん向け少年マンガ」に違和感を覚える――幽霊、マンガの国は幸福な黄昏の中で。

+お気に入りに追加

――ゼロ年代とジェノサイズの後に残ったのは、不愉快な荒野だった?生きながら葬られた〈元〉批評家が、墓の下から現代文化と批評界隈を覗き込む〈時代観察記〉

1702_sarashina.jpg
本誌と同じく年末進行の号なので、お鉢が回ってきたという経緯。特集ネタとしてマンガは鉄板だからね。

 マンガの国の住人なので、呼吸するようにマンガを読んできたが、近年は電子書籍ばかり買っている。本棚のキャパシティが限界なので実に便利だが、気がついたら2000冊を超えていた。もっとも、半分以上が積ん読状態なので、この先、引きこもっても死ぬまで暇を潰せるだろう。しかし、大半はセールで買った旧作ばかりだ。現在進行系の雑誌やウェブコミックのチェックはマンガ編集者時代の職業的義務感というか、強迫観念で欠かすことができないのでシーンの動向は把握しているが、時々、苦行のような気もしてくる。

 いや、編集者になった20年前から、青年マンガとは違う「おっさん向け少年マンガ」の空気には違和感があるのだが、この20年で大きく裾野が広がったのは、そんなクールジャパンな界隈だけだった。あとは女性向けのBLくらいか。いわゆるオタク向けのマンガとして括られている界隈だが、筆者が作っていたのはまさにそのド真ん中だ。なのに居心地が悪かったのは、現役時代、先輩たちから「君が作るべきマンガは『週刊少年サンデー』であって、『週刊少年ジャンプ』ではない」とかなんとか批判されてきたからだ。それがこの界隈のローカルルールなのかな、とは思ったが、結局、手がけたマンガはことごとく先輩たちの不興を買っていた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』