サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【レコ大】LDH1億円請求書騒動の内情
ニュース
今年はどの面さげて開催するの?

大賞は西野カナ!? 元LDH社員も激白レコ大1億円の真相

+お気に入りに追加

消費税800万円大賞1億円の是非

世間的に「大賞を受賞するために支払う金額」として認知されてしまった額だが、各レコード会社のスタッフのリアクションは「安い買い物」「無駄すぎる」と、意見が真っ二つ。肯定派は「日本は良くも悪くも時が経てば“記録”が重宝されるので、先行投資で支払うのも、ひとつの手段」という意見だが、こういう人間が音楽をダメにする。

1612_01_news_230.jpg
昨年のレコード大賞を受賞した三代目J Soul Brothers「Unfair World」。ネット上では「(疑惑が)タイトルそのままやんけ」と揶揄される始末。

 日本の年の瀬の風物詩である一方、審査員への接待疑惑や出来レース説など、さまざまな疑惑が取り沙汰されてきた『輝く!日本レコード大賞』(以下、レコ大)。こうした黒い噂について本誌では幾度となく報じてきたが、レコ大はご存じの通り“芸能界のドン”こと、バーニングプロダクションの周防郁雄社長をはじめとする老舗芸能事務所の関係者が実権を握っているといわれている。そのため、音楽業界関係者にとってレコ大の結果は業界内のパワーバランスを示す縮図と見なされ、近年では「誰も触れることができない聖域的な催し」と揶揄されることも多い。

 しかし先日、レコ大の存在意義を揺るがす物的証拠【1】が白日の下にさらされた。10月27日発売の「週刊文春」(文藝春秋)11月3日号が、「昨年、三代目J Soul Brothersが受賞した大賞は1億円で買収」という衝撃スクープを掲載。記事では、三代目JSBの受賞は周防社長らバーニングによる審査員たちへの働きかけによるもので、同社はその見返りとして彼らが所属するLDHに1億円を請求したという。そこには使用された請求書画像まで掲載され、もはや言い逃れできない状況だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ
    • 【情弱】という言葉の変遷史
    • 【あなたにおすすめ】広告のカラクリ
    • 進化する【情報商材】の最新手口
    • 蔓延する【コンサル】の誘惑
    • 【携帯ショップ店員】ぶっちゃけ座談会
    • 女性たちを惑わす【化粧品】の情報戦
    • 【セレブ】たちのSNSビジネスの裏
    • 世界のお騒がせ【インフルエンサー】
    • 【カニエ・ウエスト】は情弱か?
    • 【裏稼業】と情弱の摂取構造
    • 【ソシャゲ】開発者が語る炎上の裏側
    • 統計目線で考える【占い】の真価
    • 【診断アプリ】の危険な手口
    • 【不動産投資】詐欺まがいの手口
    • 【消費者庁】は被害者を救えるか?

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』