サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【GASHIMA】が語るセルアウトの是非
第1特集
セルアウトはラッパーを殺したか?【3】

あえて誹謗中傷を逆手にとる! 【GASHIMA】が語る「セルアウト」誕生経緯

+お気に入りに追加

――「おまえはセルアウトだ」と言われても、信念を曲げずに貫き通す精神。やがてそれはオリジナリティとなり、唯一無二の存在へ。GASHIMA、かく語りき。

1606_major_04.jpg

 シンガー・ソングライターのSHIROSEとNIKKI、そしてラッパーのGASHIMAで編成される〈WHITE JAM〉。彼らが14年に発表したデビュー作『自由時間』に「セルアウト」なる曲が収録され、リリックではセルアウトに対する見解を真っ向から主張している。セルアウトを叩く行為は数あれど、叩かれる側が曲にする行為、しかもここまで痛快に曲に落とし込んだのは、日本語ラップ史では初と言ってもいいだろう。インディでスキルを磨き、「スタイルが変わった当初、途端にラッパー仲間がいなくなった」と赤裸々に語ったGASHIMAが感じたセルアウトの本心。

「『セルアウト』を作った理由は、それまではクラブで会ったら普通に会話していた仲間たちや日本語ラップファンから、『おまえはセルアウトだ』と言われた時期があったからです。今のスタイルになったのは10年くらい前で、もともとは僕もセルアウトを滑稽に感じていた側でした。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年6月号

緊急鼎談“感染文学”のススメ

緊急鼎談“感染文学”のススメ
    • 【石丸元章×海猫沢めろん×吉川浩満】“感染文学”のススメ

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ