サイゾーpremium  > 連載  > ロバート秋山竜次の「アダルトグッズ"妄想"使用指南
連載
ロバート秋山竜次のアダルトグッズ妄想使用指南【18】

【秋山竜次】妄想というアクセントを加えればアダルトグッズはもっと楽しくなる

+お気に入りに追加

――生粋のコント師・ロバートの秋山竜次が、シチュエーションを妄想しながらアダルトグッズの使い方を指南する

1604_a1_00.jpg
(写真/オノツトム)

 アダルト・トイの新たな使いどころを模索する「妄想指南」のコーナーも、いよいよ最終回。今月もロバート・秋山竜次氏がSMグッズをズバッと斬る!

――ついにラストが来ちゃいました。

秋山竜次(以降、秋山)あっという間だった気もするし、長かったような気もします。

――今回で18回目ですからね。そして、フィニッシュはSMプレイを盛り上げてくれる「調教【口枷】」と「調教【首枷】」です。

秋山 SMはあまり経験がないのですが、この「口枷」についている骨のギミックがコケティッシュで気に入りました。というのも、ずっとSMプレイに興味自体はあったんですけど、ガチガチのSMグッズを取り出したときに女性から「コイツ、マジか?」と思われるのが怖くて誘えなかったんです。でも、この骨のギャグっぽいテイストがあれば、「実はおもしろいものを見つけてさ」というライトなファーストコンタクトができそうじゃないですか?

――たしかにSMのレザーアイテムは異様な存在感ですよね。

秋山 アダルトグッズ全般についての持論なんですが、多少なりとも遊び心を感じさせる工夫は大事なんだと思うんです。ただペニーを挿れたいという必死感を散らして、余裕のあるお誘いができる。この「口枷」も、プレイの前に「セックスの方法が分からない原始人」というコントができますよ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年12月号

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ
    • 【佐藤あいり】気鋭の女優の美しきボディ

NEWS SOURCE