サイゾーpremium  > 連載  > ロバート秋山竜次の「アダルトグッズ"妄想"使用指南」
連載
ロバート秋山竜次のアダルトグッズ妄想使用指南【15】

【秋山竜次】2タイプ、選べるオナホでチン海道五十三次を行かん

+お気に入りに追加

――生粋のコント師・ロバートの秋山竜次が、シチュエーションを妄想しながらアダルトグッズの使い方を指南する!

1601_a-one_01.jpg
(写真/オノツトム)

 今月は悩ましき二者択一を迫られるオナホールをテーマに、斬新なイマジネーションの世界へとアナタを誘う!

――今月は、「ヒダ」と「イボ」という、異なるバージョンのオナホール「どっち?」をセレクトしました。ちなみに秋山さんは「ヒダ」と「イボ」のどっちが好みでした?

秋山竜次(以下、秋山)私は「イボver」が好みでした。これまでのオナホールに付いていたイボはソフトという印象が強かったのですが、この「どっち?」のイボはかなりの刺激度。360度の全方位にイボが配置されていて、どこを突いてもコリコリとした感覚が楽しめます。個人的にですが、根元の部分にもしっかりと配置されたイボで攻められるのは、なかなか味わったことがありませんでした。

――「ヒダver」はどうでしたか?

秋山 こちらもヒダがかなり大きくて、引っかかる感じがハンパない。吸引とヒダの引っかかりが強烈すぎて、板に突き刺さってなかなか抜けない矢尻みたいな。挿入したときには、もう戻ってこれないんじゃないかと不安になりました(笑)。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ