サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 【ジャンプ】が人気マンガ家を囲い込み!?
第1特集
マンガがもっと楽しくなる【裏】ワイド【2】

『キャプ翼』を子会社から出版に激怒!? 「ジャンプ」が作家囲い込み!?マンガ家奪取抗争勃発

+お気に入りに追加

――「ジャンプ」黄金期のマンガ作品は今でも人気が高く、他誌で連載されたその新続編がドラマ化されることも。しかしそんな状況に集英社も業を煮やしているという……。

1601_wide_04.jpg
(絵/小笠原徹)

 各出版社では、あの手この手で良作を世に出そうと必死だが、数年前からひとつの潮流になっているのが、「週刊少年ジャンプ」(集英社)出身のマンガ家による他誌での新続編作品だ。特に黄金期と呼ばれた1985~95年頃に同誌と専属契約を結んでいたマンガ家が、契約を終了し他誌へ移る例は後を絶たない。

「ジャンプ」といえば、当時マンガ家がもっとも作品を載せたい雑誌であり、その掲載ハードルも当然高い。最近でこそ「ジャンプ」に持ち込みをかけて落とされたマンガ家が、他誌でブレイクする例もあるが、それでもいまだにその人気は別格だ。同誌の青年版「ヤングジャンプ」などでさえ、社内では格下扱いのようだ。

「『ジャンプ』作家の他誌起用だと、元『ジャンプ』編集長の堀江信彦氏が創刊した『週刊コミックバンチ』(新潮社)で、北条司氏の大ヒット作『シティーハンター』(集英社)の新続編『エンジェル・ハート』がヒットしました」(マンガ編集者)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那