サイゾーpremium  > 連載  > 月刊桃色新聞【秘】情報局  > 『月刊桃色新聞』/秋月小町×同性婚
連載
月刊桃色新聞【秘】情報局【9】

【秋月小町×同性婚】有名芸能人やAV女優がカミングアウトすれば同性愛もカジュアルになるはずです!

+お気に入りに追加

――AV女優が語る政治と性事のおカタイ話☆

1509_maxing_01.jpg
(写真/斎藤大嗣・go relax E more)

今月のトピック
同性婚

性別が同じ者同士が結婚すること。2015年6月26日、アメリカ合衆国最高裁判所が、アメリカ全州で同性婚を認める判決を出し、大きな話題に。日本でも同年3月31日に渋谷区で同性パートナーシップ条例が成立(4月1日施行)し、性的マイノリティの人権の尊重や男女平等、多様性のある社会に対する関心が高まった。

 AVメーカーMAXINGイチオシの女優さんにあえて時事問題を振ってみる当連載。今回は、9月16日にデビューする新人の秋月小町ちゃんに、同性婚についてお聞きします。

──今年6月26日、アメリカで同性婚を法的に認める判決が出たのは知ってますか?

秋月小町(以下、秋月) はい、ニュースで見ました。

──率直にどう思いましたか?

秋月 正直、まだだったんだ、って。

──むしろ「今まで禁止だったんだ?」的な?

秋月 ですね。自由の国というだけあって、もっと前から認められていると思っていました。

──実は同性婚法の成立に関しては、ヨーロッパのほうが早かったんですよね。日本では今年の4月から渋谷区で「同性パートナーシップ条例(渋谷区男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例)」というのが施行されたんですが、それは知ってます?

秋月 それは同性同士の結婚を認めるということではないんですよね?

──そう。同性同士を「結婚に相当する関係」と認める証明書を発行する条例で、例えば賃貸住宅での同居、身内のみの病院面会とか、パートナーとしての権利をある程度保障する、といったもの。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号