サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 滅び行く【エロ本】業界最新事情
第1特集
男性誌に宿る熱き血潮【2】

書店なし制作費なし余力もなし……(泣)滅び行くエロ本業界、その最新事情とは?

+お気に入りに追加

――ネットの普及に書店の減少、五輪開催に消費税増税……。過酷な状況が続くエロ本業界に未来はあるのか……?

1508_ero_11.jpg
こういうアダルト專門ショップも少なくなりましたね……。(写真はイメージです)

 エロ本業界をめぐる状況は、ますます厳しくなっている。名のあるエロ本出版社の多くが大幅な規模縮小を強いられ、場合によってはエロ本から完全撤退しているのだ。

「Chuッ!」などを出していたワニマガジン社は「COMIC快楽天」などのコミック誌に比重を移し、実写系のエロ本は1冊も出していない。コアマガジンも、現在実写系のエロ本は「ニャン2倶楽部」系の投稿誌のみ。若生出版は大幅に規模を縮小し、2誌のみを発行。サン出版は、兄弟会社のマガジン・マガジンに雑誌をすべて移籍させて活動を停止してしまった。

 2007年に倒産した老舗の英知出版から出ていた「ビージーン」などの雑誌を引き取ったジー・オー・ティーも、コンビニ販売の雑誌をすべて休刊させるなど整理縮小を行っている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ