サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【乃木坂46白石麻衣】のTGC出演決定でも女性客はガン無視の予感!?
ニュース
【premium限定ニュース】

乃木坂46白石麻衣のTGC出演決定でも女性客はガン無視の予感!?

+お気に入りに追加
shiraishi1507s.jpg
『MAI STYLE』(主婦の友社)

 乃木坂46の白石麻衣が、9月27日に開催される「第21回 東京ガールズコレクション2015 AUTUMN/WINTER」(以下TGC)に出演することが決まった。女性モデルにとって憧れの場であるTGCに、乃木坂46のメンバーが出演するのはこれが初となる。

「女性タレントなら誰でも歩いてみたいTGCのランウェイですが、女性アイドルにとってファッションショーは、アウェイの洗礼を受ける可能性が大きい場でもあります」(ファッション業界関係者)

 果たして白石は、モデル目当てで集まった女性ファンたちに受け入れられるのであろうか。

 これまでにも女性アイドルグループが、完全アウェイの現場で手痛い目に遭った例は少なくない。なかでも酷かった例は、VAMPSが主宰する「HALLOWEEN PARTY 2011」での渡り廊下走り隊7だ。同イベントはVAMPSのhydeがアイドル好きなこともあり、スマイレージやももいろクローバーZが出場したことでも知られている。

 だが2011年11月の神戸公演に出場した「渡り廊下走り隊7」に対しては、会場からほとんど歓声が飛ばず、ガン無視状態のなかでのパフォーマンスを強いられたという。

「しかもバックステージにおいても、楽屋を訪れたhydeを除けばほぼ放置状態。彼女たちはふだん味わったことのない疎外感を感じる羽目になったといいます」(前出・ファッション関係者)

 似たような事例はTGCでも起こっている。2月28日の「TGC 2015 SPRING/SUMMER」では、オープニングアクトとしてエイベックス所属のアイドルグループSUPER☆GiRLSが登場。2曲を披露したものの、観客の反応はイマイチだった。さらに遡れば「TGC 2015 Autumn/Winte」にHKT48が出演した時も、客席はごく一部の客が手を振る程度で、水を打ったような静けさに包まれていた。

 それでもまだ、この2組はマシなほうだったかもしれない。SUPER☆GiRLSは持ち曲がイトーヨーカドーのCMで使われているので、ヒット曲を歌えば観客も「あー、あの曲のグループか」と納得できた。またHKT48は、やはり指原莉乃の知名度が大きく、指原に対しては「キャー!」と手を振る観客もいたようである。

「それに対して乃木坂46は、その人気ほどには楽曲が世間に浸透していないため、白石がウォーキングする際のBGMに乃木坂の楽曲を流しても、ほとんどの女性客は反応しない可能性が高い。また、白石は女性誌『Ray』の専属モデルを2年にわたって務めているのが強みだが、他の女性誌への露出が少ないため、モデルとしての認知度がどれくらい広がっているかも未知数です」(ファッション誌編集者)

 もちろん、白石のルックスがモデルとして十分通用するレベルにあることは疑いの余地がない。大会場でのランウェイにしても、乃木坂46として会場の代々木第一体育館のステージは経験しており、その規模に圧倒されるということもないだろう。他のモデルと同じように歓声を浴びるのか、それとも「誰?」という目で見られるのか。その分かれ目はこれから約3カ月間の頑張りにかかっているかもしれない。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』