サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【乃木坂46白石麻衣】のTGC出演決定でも女性客はガン無視の予感!?
ニュース
【premium限定ニュース】

乃木坂46白石麻衣のTGC出演決定でも女性客はガン無視の予感!?

+お気に入りに追加
shiraishi1507s.jpg
『MAI STYLE』(主婦の友社)

 乃木坂46の白石麻衣が、9月27日に開催される「第21回 東京ガールズコレクション2015 AUTUMN/WINTER」(以下TGC)に出演することが決まった。女性モデルにとって憧れの場であるTGCに、乃木坂46のメンバーが出演するのはこれが初となる。

「女性タレントなら誰でも歩いてみたいTGCのランウェイですが、女性アイドルにとってファッションショーは、アウェイの洗礼を受ける可能性が大きい場でもあります」(ファッション業界関係者)

 果たして白石は、モデル目当てで集まった女性ファンたちに受け入れられるのであろうか。

 これまでにも女性アイドルグループが、完全アウェイの現場で手痛い目に遭った例は少なくない。なかでも酷かった例は、VAMPSが主宰する「HALLOWEEN PARTY 2011」での渡り廊下走り隊7だ。同イベントはVAMPSのhydeがアイドル好きなこともあり、スマイレージやももいろクローバーZが出場したことでも知られている。

 だが2011年11月の神戸公演に出場した「渡り廊下走り隊7」に対しては、会場からほとんど歓声が飛ばず、ガン無視状態のなかでのパフォーマンスを強いられたという。

「しかもバックステージにおいても、楽屋を訪れたhydeを除けばほぼ放置状態。彼女たちはふだん味わったことのない疎外感を感じる羽目になったといいます」(前出・ファッション関係者)

 似たような事例はTGCでも起こっている。2月28日の「TGC 2015 SPRING/SUMMER」では、オープニングアクトとしてエイベックス所属のアイドルグループSUPER☆GiRLSが登場。2曲を披露したものの、観客の反応はイマイチだった。さらに遡れば「TGC 2015 Autumn/Winte」にHKT48が出演した時も、客席はごく一部の客が手を振る程度で、水を打ったような静けさに包まれていた。

 それでもまだ、この2組はマシなほうだったかもしれない。SUPER☆GiRLSは持ち曲がイトーヨーカドーのCMで使われているので、ヒット曲を歌えば観客も「あー、あの曲のグループか」と納得できた。またHKT48は、やはり指原莉乃の知名度が大きく、指原に対しては「キャー!」と手を振る観客もいたようである。

「それに対して乃木坂46は、その人気ほどには楽曲が世間に浸透していないため、白石がウォーキングする際のBGMに乃木坂の楽曲を流しても、ほとんどの女性客は反応しない可能性が高い。また、白石は女性誌『Ray』の専属モデルを2年にわたって務めているのが強みだが、他の女性誌への露出が少ないため、モデルとしての認知度がどれくらい広がっているかも未知数です」(ファッション誌編集者)

 もちろん、白石のルックスがモデルとして十分通用するレベルにあることは疑いの余地がない。大会場でのランウェイにしても、乃木坂46として会場の代々木第一体育館のステージは経験しており、その規模に圧倒されるということもないだろう。他のモデルと同じように歓声を浴びるのか、それとも「誰?」という目で見られるのか。その分かれ目はこれから約3カ月間の頑張りにかかっているかもしれない。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全
    • ブルース・リーからBTSまで【中韓エンタメ受容史】
    • 【中国ヒップホップ】の潜在能力
    • 【K-POP製作陣】が語る日本の課題
    • 【BTS】が成功して少女時代がコケた理由
    • 芸能界革命【中国アイドル】ブーム
    • 乃木坂より良い!?【Cアイドル】6選
    • 国家も支援する中国の【食動画】とは?
    • この【食動画】が見たい!セレクション
    • 【中国ファッション界】急成長とリスク
    • 【中国アート】市場の成熟度
    • 【菊地成孔】フロイディズムが息づく物語
    • 【笛木優子】韓国で女優を志すきっかけ
    • 【韓流ぴあ編集長】恥部も暗部も映像化する底力
    • 【片山慎三】今の韓国映画の原型!?60年前のサスペンス
    • 【キム・ソンフン】隠蔽された民主化の歴史を追う
    • 社会問題化する【韓国ネット民】の闇
    • 今も根強い韓国国内の【地域差別】
    • Jリーグも完敗の【中国サッカー】
    • 【朝鮮族】をつなぐサッカー文化
    • 【カンフー映画】の盛衰と進化の旅
    • 極東【バイオレンス】映画祭
    • 急速に広がる【中国SF】の世界
    • 【中国映画】1兆円市場・真の良作
    • 【2.5次元ミュージカル】13億人が熱視線

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

NEWS SOURCE

    • レアル移籍の【久保建英】を狙う魑魅魍魎
    • 浜崎あゆみの二番煎じ!?【安斉かれん】て誰?
    • 【参院選】裏の見どころは「不正操作」?

インタビュー

    • 【井桁弘恵】令和初の仮面ライダー美少女
    • 【ゴジゲン】ずっと終わらない永遠の放課後
    • 【FNCY】ヒップホップのニュー・クラシック

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』