サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > デザイナーには絶対なれない服飾オシャレ学生のトホホな末路

――数々の有名デザイナーを輩出した"トップ・オブ・オシャレ"文化服装学院から、存在がイマイチ「?」な東京モード学園まで、朝から晩までひたすら課題に明け暮れる学生生活を送るという、有名ファッション系スクールの悲しき実態に迫る!

1410_school_07.jpg
入学志望者向けの学校案内でさえも、いちいちオシャレなのです。

 アパレル・ファッション業界に人材を供給する教育機関としてまず思い浮かぶ存在といえば、いわゆる服飾系専門学校だろう。しかし、そこにどんな学生が通い、どんなことを学び、そして卒業後にはどんな進路が待っているのかといった内部事情は、一般にはほとんど知られていないのではないか。そこで本稿では、代表的な服飾系専門学校および服飾系大学の卒業生の証言をもとに、その実像に迫りたい。

 現在、東京都内だけでも60校以上の服飾系スクールが存在するといわれるが、有名どころとしては、文化学園(文化服装学院、文化学園大学・短大・大学院など)、杉野学園(ドレスメーカー学院、杉野服飾大学・短大・大学院)、バンタンデザイン研究所、東京モード学園、エスモード ジャポンなどが挙げられる。

 なかでも知名度と実績で群を抜いているのが、文化服装学院だ。同校は90年以上にわたって日本のファッション教育の中心を担い、コシノヒロコや高田賢三(ケンゾー)、山本耀司(ヨウジヤマモト)、津森千里(ツモリチサト)、高橋盾(アンダーカバー)など、輩出した有名デザイナーの数でも他を圧倒している。

「杉野学園も同じくらい歴史が古い老舗なんですけど、やっぱり服飾系スクールの王道は文化学園。というのもアパレル業界では、服のパターン(型紙)の書き方のタイプが、"文化式"と"杉野式"の2つに大きく分かれていて、主流は文化式なんですね。だいたい、パタンナーとして業界に入ったら、まず文化式を叩き込まれるから、文化を出ていたほうが効率的なんです」(文化服装学院OG)

 さらに、文化学園は校内設備の充実度も他校の比ではないという。

「文化はお金持ちなんですよ、卒業生からの寄付金もハンパないし。だから、学生のファッションショーをするだけなのにものすごく立派なホールを併設してるし、ショー自体の規模も普通のブランドのコレクションと遜色ないくらい。歴代のショーで使われた衣装も、布に影響が出ないよう温度管理と照明調節が徹底された環境下で、全部アーカイブされてる。おまけにファッション誌『装苑』とかを出してる出版局まであるし、こんな学校はほかにないですよ」(同)

 と、卒業生の声を聞いても、やはり文化服装学院が服飾ヒエラルキーの頂点に君臨しているように思えるが、こうした出身校のネームバリューが業界内で有利に働くかというと、必ずしもそうではないらしい。また、一般大学や美大・芸大であれば見られるような各学校の格付け自体も明確には存在しないという。それはなぜなのか? まずは入試から見ていこう。といっても、服飾系スクールでは、特別な入試対策どころか、受験勉強すら必要ないという。なぜなら、だいたいどこも推薦やAO入試を導入しており、大半の学生はほぼ面接のみ、もしくは面接+作文や作品提出などで楽に入れてしまうからだ。もちろん、一般入試で筆記試験を課す学校もあるが、難易度は低く「落ちたという人の話はほとんど聞かない」(杉野服飾大学OG)し、「解答用紙に名前を書けば受かる勢い」(バンタンデザイン研究所OG)だという。

 試しに筆者も文化服装学院の過去問を取り寄せてみたが、中学生でも15分で解けそうな選択問題(国語・数学・社会など計6分野から全33問)と、色鉛筆で紙を塗る簡単な色彩感覚テストがあるのみ。また、「大学」である文化学園大学と杉野服飾大学の13年度における偏差値と倍率【参照:旺文社『大学受験パスナビ』】を見ると、文化が偏差値46(服装造形)、倍率1・6(一般入試合計)で、杉野が偏差値41(服飾)、倍率1(同)。お世辞にも難関校とはいえない。

 極端な話、服飾系スクールの入試では、面接でやる気を見せれば誰でも合格できる。一般の大学のように入学難易度=偏差値で格付けができないため、ヒエラルキーも生まれにくいというわけだ。

 そして、入学してくる学生はどの学校も地方出身者が大半で、男女比は、文化服装学院を例にとれば男子3:女子7(学科によっては男子1:女子9だったり、男女比が半々のところもある)と、やはり女子が多い。地方のファッション大好き女子が、矢沢あいのマンガ『ご近所物語』(集英社)や『Paradise Kiss』(祥伝社)のようなお洒落ライフに憧れて上京してくる、そんなイメージも浮かんでくる。しかし、入学のハードルは低いが、入学してからの生活はきわめて過酷だ。

 服飾系の学科は、学校によって多少の差異はあるが、大まかにはデザイナーやパタンナーなどを目指す「技術系コース」と、バイヤーやプレスなどを目指す「ビジネス系コース」に分かれる。ただし、技術系でも服装史や色彩学といった「お勉強」クラスはあるし、ビジネス系でも縫製などの実技は必修科目としてある。いずれにせよ、多くの学生が頭を悩ませるのは、「課題」だという。

「服飾系の学校って、一般の大学みたいに『受ける講義を自分で選ぶ』のではなく、むしろ高校までのイメージに近いんですよ。基本的に月曜日から金曜日まで毎日、朝から夕方までみっちり授業があって、その授業ごとにパターンメイキングや縫製、デザイン画、レポートといった課題が毎週出されるから、常に課題との戦いです」(文化服装学院OG)

 加えて、一般の大学で行われるような定期試験はあまりないが、その代わり試験に相当するファッションショーやプレゼンのために年間5~7着は洋服を仕立てなければならず、卒業時には卒業制作ショーも控えている。つまり1~2カ月のスパンで洋服作りを行う傍ら、日々の課題も同時進行でこなさなければならないのだ。

 さらに、経済的にもかなりの負担を強いられる。主な服飾系スクールの初年度(入学金込み)の学費は100~160万円ほどで、安いところは一般の私大文系程度だが、困るのは、この学費とは別に「材料費」がかかってしまうこと。要するに、洋服作りや課題に必要な生地や糸のほか、自宅で使うミシンやソーイングボディなども自腹で買い揃えなければならず、この出費がバカにならないのだ。地方出身者であれば、当然ひとり暮らしのための家賃も発生する。

「私は都内でひとり暮らしをしてたんですけど、やっぱり学費と仕送り合わせて、4年間で軽く1000万円はかかったと親にいわれました」(杉野服飾大学OG)

 彼女のように、実家から援助を受けられればよいが、そうでない場合は悲惨だ。

「キャバクラで働いている子も多かったですね。ただでさえ寝る暇もないくらい忙しいのに、バイトを続けないと課題用の布も買えないし、家賃も払えなくなっちゃうから、もう骨身を削って。恋愛に忙しい『ご近所物語』みたいなヌルい世界ではまったくないですよ」(文化服装学院OG)

 このため、特に目標もなく「なんとなく服が好き」くらいの気持ちで入学してしまったり、あるいは志はあってもバイトと課題を両立できずに潰れてしまった学生などは、次々と学校を辞めていく。

「最初の夏休みと初年度の終わりが大きな退学ポイント。いずれにせよ1年目で辞める人が多いです。華やかな世界を夢見てきたのに、蓋を開けてみたらひたすら紙に線を引いて布を縫いまくる日々だから、『私が求めてたのはこんなんじゃない!』って。でも、辞めるなら早いに越したことはないですよ」(文化学園大学OG)

 そうはいっても、高い学費を払って娘を東京に送り出した親御さんとしては、あっさり辞められては泣くしかなかろう……とも思ってしまうが、なんとか卒業にこぎ着けたとしても、その後の進路が明るいわけではないという。

企業への就職戦線では早慶エリートに勝てず

 そもそも、服作りと課題に追われる多忙な日々は卒業間際まで続くし、卒業制作もあるため就活どころではなく、学校からの就職支援も特にない。つまり、一般大学のように3年次に就活が解禁されてみんな一斉にリクナビに登録、といったような日本的な就職活動の流れは存在しない。では、どのように職を探すのか?

「バンタンは、先生がアパレル業界で働いてるプロのデザイナーやスタイリストなので、仲良くなれれば先生のブランドで働かせてもらえたり、アシスタントとして雇ってもらえたりします」(バンタンデザイン研究所OG)

 ある種の「コネ入社」にも見えるが、それなりの実力が伴っていなければ先生の「お気に入り」になることはない。現役のクリエイターが教鞭を執っているバンタンならではの就活術だといえよう。

 それでは、たとえば大企業における早稲田閥や慶応閥のように、アパレル業界にも文化閥や杉野閥といったものがあり、特定の企業では他校より優遇される、といったことはないのか?

「学校の名前が就職で有利に働くというようなことは、まずないです。服飾系の学生にとっては、どこを卒業したかより、いま何ができるかが重要ですね。だから、学生時代に優秀だった人が必ずしも成功するとは限らないし、逆に学生時代にぜんぜん勉強してなくて、いかにハイブランドの服をオークションで高く売るかみたいなことばかり考えてた人が、ちゃっかり某ブランドのCEOに収まってたりします」(杉野服飾大学OG)

 入試の難易度で格付けができないのと同じように、卒業後も各校のヒエラルキーが存在しない完全実力主義。そういう意味では健全といえるが、その実力、すなわち学校で身につけたスキルを生かせる職場で働けるかというと、かなり厳しいようだ。

「アパレル関係だったら、せいぜいワールドとかオンワード樫山あたりの販売員がいいとこです。特にワールドは会社が大きいぶん採用人数も多いので、差し迫った人がとりあえずエントリーしとくっていうイメージですね。落ちたっていう人もあまり聞きません。でも、販売員は給料も安いし、店長より上への出世は基本的に望めないから、だいたいみんなすぐ辞めちゃう」(文化学園大学OG)

 そもそも文化学園大学では、銀行やIT企業など、アパレル以外の業界に就職するケースも多いという。これは、同校が4年制の「大学」であるため、ある程度は潰しが利くということかもしれない。その意味では、よりファッションに特化した「専門学校」の学生は、さらに進路の幅が狭まる、という見方もできる。

「文化服装学院って、基本は2年制の専門学校なんですけど、希望者は3年次に進めるんですよ。ただ、募集人数も限られてるし授業もより厳しくなるので、たいていの人は2年で卒業しちゃう。実はそれが落とし穴で、2年卒の学院生は"実力不足"で採用しないアパレル企業も多い。だからそういう人は就職できないか、よくて販売員になるか。学院は、就職希望者に関しては就職率100%ですけど、就職を希望するのは全体の半数くらいなので、残りの半分はニートかフリーターですよね」(文化服装学院OG)

 2年間に及ぶハードな学生生活からやっと解放されたと思ったら、無職になっていた……。確かにこれだと、前述した通り早々にくじけて1年で退学しておいたほうがまだマシかもしれない。さらに、仮に3年間学院に通ったとしても、たとえば三陽商会のような大手アパレル企業の総合職に就いたり、あるいは有名ブランドのデザイン部門に採用されたりすることは、非常に難しいのだ。

「大手アパレル企業の企画や経営といった組織の中核を担うようなポストは、早稲田や慶応など一流大学出の人材で占められるんです。学院の3年卒でも、せいぜい販売員止まり。仮に技術職で採用されたとしても、クリエイティブ担当というよりは、末端で手を動かす兵隊です」(アパレル業界関係者)

 また販売員か……。ここまで見てきた限り、服飾系スクールは、良くも悪くも「職人養成所」という色合いが濃いように思われる。つまり、社会に出てからは腕一本で勝負する、成功するかしないかは本人の実力次第。しかし、「企業」の内定を奪い合う就職戦線においては、"職人"では有名大学の学生には太刀打ちできないのだ。もっとも、洋服作りのプロフェッショナルよりも、一流大学のエリートを組織の中枢に迎えるというのは、企業としてはまっとうな判断なのかもしれないが。

「『なんでファッション知識のない人たちが社内で決定権を持ってるんだ?』っていう思いはありますね。でも、『売れてるものがいい服だ』と考える彼らと、『質の高いものがいい服だ』と考える私たちとでは、利益を考えれば前者が大事なのはわかりますが……」(バンタンデザイン研究所OG)

 では、専門スキルを生かせるであろう最後の砦、個人でブランドを立ち上げるというケースはどうだろう?

「あえて就職せずに、フリーターをしながら自分のブランドをショップに売り込んでいるような学院卒業生もいます。ブランドを立ち上げること自体は、いまはネットもあるし、やりやすい時代にはなっていますからね。ただ、そこだけで食べていけている人は、ここ数年の卒業生のうち1%にも満たないでしょうね。最近だと、『N・ハリウッド』のパタンナーを経て、12年に 『PHEENY』」というブランドを立ち上げた秋元舞子さんくらい。学院卒の人って、もう業界内で飽きられてるんだと思います」(文化服装学院OG)

 そう、近年はデザイナーの出自にも変化が起きており、服飾系スクール卒の人材はますます需要がなくなってきているのだ。

「結局、洋服が好きでファッションを専門に学んできた人よりも、空間デザインやプロダクトデザインを専攻してきた人のほうが、よっぽど面白いことを考えるんですよ。事実、最近は芸大の建築科出身のデザイナーなども出てきていますし、桑沢デザイン研究所のような、とんがったセンスを持つ専門学校も業界的に注目されています。服飾系スクール卒のデザイナーでも、たとえば早稲田大学在籍中に文化服装学院の夜間コースに通っていた神田恵介さん(ケイスケカンダ)や、同じく早稲田とバンタンをダブルスクールしていた森永邦彦さん(アンリアレイジ)など、ちゃんと勉強もしてきたファッション一辺倒ではない方が活躍されていますね。また、武蔵野美術大学や多摩美術大学といった有名美大もファッション分野を強化していて、こちらも無視できない存在になりつつあります」(アパレル業界関係者)

 別に洋服が縫えなくても、新しいことを考えられればデザイナーになれるし、業界としても、技術よりも発想を求めている、ということか。ファッション一筋で来たのに、ファッションしか知らない職人肌の人間はお呼びでない……なんとも皮肉な話である。

 しかし、見方を変えれば、これはアパレル業界が既存のファッションのあり方に疑問を感じ始めた、もしくはこのままでは頭打ちであることに気づき始めたということであり、そこに発展性を見いだすことは可能だろう。服飾系スクールもそれに気づき、流れに乗ることができれば、アパレル業界への人材供給機関として復権する道も見えてくるかもしれない。

(文/須藤 輝)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ