サイゾーpremium  > 特集  > 社会問題  > 【HAIIRO DE ROSSI】が語るSNS時代のビーフ事情
第1特集
ラッパーたちが提起する愛国【1】

【HAIIRO DE ROSSI】が語るSNS時代の愛国ビーフ事情

+お気に入りに追加

――尖閣諸島中国漁船衝突事件を機に勃発した、国内ヒップホップMC同士のビーフが注目を集めたのは、今から約3年半前。その当事者であるHAIIRO DE ROSSIから、当時の思いと、現在の思想を聞く。

1407_rap_01.jpg
(写真/田附 勝)

 2010年に突如起きた「尖閣諸島中国漁船衝突事件」は現在の日本の世論を作る上で、大きな契機となった。それまで自国の領有権に関心が薄かった日本国民が、この事件をきっかけに改めて隣国との関係性を見つめ直すようになり、韓国との間でくすぶる竹島の領有権問題もメディアが大きくクローズアップするようになった。そして、韓国と中国の反日政策にも注目が集まり、騒動は瞬く間に加速。時同じくして、ネトウヨという言葉も頻繁にインターネット掲示板で見かけるように。

 おりしも国内ではK-POPムーブメントが最高潮を迎えていた時期でもあった。KARAや少女時代、2PMといった数多くのK-POPグループが次々と日本デビューを飾ると、音楽番組やテレビCM、バラエティ番組にも出演し、それ以前に爆発的に加熱した『美男ですね』を筆頭とした韓国ドラマの放送など、日韓間にうずまく諸問題は、文化交流によって解消できるかに思われていた。

 しかし、こうした動きにもネトウヨが過剰に反応し、「K-POPのゴリ押し乙」と疑問視する声や「在日によるメディアの乗っ取り」のような陰謀論まで噴出し始め、やがて国内の韓流ブームは下火になっていく。

 そんななか、件の「尖閣諸島中国漁船衝突事件」で1人のラッパーが世間から大きな注目を集めた。YouTubeに「WE'RE THE SAME ASIAN feat. TAKUMA THE GREAT」なる楽曲をアップしたHAIIRO DE ROSSIである。10年、11月下旬の話だ。

問題は人ではなく国と国
ただ望んでいるのは過去のしがらみを解くこと(※原文は中国語)

君の読んだ歴史の大半が
どちらの国も反対に書かれてる
国籍は世界

(「WE'RE THE SAME ASIAN」より一部抜粋)

 同曲は、直接的には「尖閣諸島中国漁船衝突事件」に端を発したものだが、タイトルにSAME ASIANとあるように、国内で沸き起こりつつあった“嫌韓・嫌中”“愛国心”の風潮に警鐘を鳴らす内容で、ヒップホップシーンの枠を超えて注目を集めた。その背景には、社会的なメッセージ性を持ったレベルミュージック(権力に抵抗する音楽)というヒップホップの性質が日本国内で再認識されたことと、短絡的に“仲良くしよう”という当たり障りのないメッセージに終始せず、客演のTAKUMA THE GREATが台湾と日本人のハーフというバックグラウンドを持ち、中国語でラップをすることで、日本・中国の両国に向けて発信されていたことにある。しかし、この曲に対し、「愛国者でラップをしています」をモットーに掲げるラッパー、show-k(ショック)がアンサーソングとなる「WE'RE THE SAME ASIAN~Real version」でビーフを仕掛けてきた(詳細は下記ボックス内)。

 この一連の話題はヤフートピックスにも掲載され、思想の右も左も巻き込んで議論を呼んだ。日本国内でヒップホップ・アーティスト(しかもインディーズ)が、政治的問題で一般的に話題となった稀有な事件といえるだろう。

 あれから約3年半――嫌韓・嫌中ムードは国内でさらに拡大し、相互で罵り合っている状況を、HAIIRO DE ROSSIが当時を振り返りながら、見つめる。

「あの当時は、国内の雰囲気に違和感がありました。反対意見が封殺されながら世論が一変していく怖さがあって、これが愛国心なのか、ちょっと待てよ、一回みんなで話し合おうよって。だから、“議論の場”を提供したくて、『WE'RE THE SAME ASIAN』を作ったんです。あの曲は僕の思想を主張したんじゃなくて、あくまで問題提起をしたかった。“中国”や“日本”といった国に対して言っているんじゃなくて、“中国人”と“日本人”に対してメッセージを投げている。叩かれるかもしれないし、同調してくれる人もいるかもしれない。どっちが正しいかなんてわからないけど、議論をすることによって、もっと違う考えが生まれると思ったんです」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』