サイゾーpremium  > 特集  > 社会問題  > 【HAIIRO DE ROSSI】が語るSNS時代のビーフ事情
第1特集
ラッパーたちが提起する愛国【1】

【HAIIRO DE ROSSI】が語るSNS時代の愛国ビーフ事情

+お気に入りに追加

――尖閣諸島中国漁船衝突事件を機に勃発した、国内ヒップホップMC同士のビーフが注目を集めたのは、今から約3年半前。その当事者であるHAIIRO DE ROSSIから、当時の思いと、現在の思想を聞く。

1407_rap_01.jpg
(写真/田附 勝)

 2010年に突如起きた「尖閣諸島中国漁船衝突事件」は現在の日本の世論を作る上で、大きな契機となった。それまで自国の領有権に関心が薄かった日本国民が、この事件をきっかけに改めて隣国との関係性を見つめ直すようになり、韓国との間でくすぶる竹島の領有権問題もメディアが大きくクローズアップするようになった。そして、韓国と中国の反日政策にも注目が集まり、騒動は瞬く間に加速。時同じくして、ネトウヨという言葉も頻繁にインターネット掲示板で見かけるように。

 おりしも国内ではK-POPムーブメントが最高潮を迎えていた時期でもあった。KARAや少女時代、2PMといった数多くのK-POPグループが次々と日本デビューを飾ると、音楽番組やテレビCM、バラエティ番組にも出演し、それ以前に爆発的に加熱した『美男ですね』を筆頭とした韓国ドラマの放送など、日韓間にうずまく諸問題は、文化交流によって解消できるかに思われていた。

 しかし、こうした動きにもネトウヨが過剰に反応し、「K-POPのゴリ押し乙」と疑問視する声や「在日によるメディアの乗っ取り」のような陰謀論まで噴出し始め、やがて国内の韓流ブームは下火になっていく。

 そんななか、件の「尖閣諸島中国漁船衝突事件」で1人のラッパーが世間から大きな注目を集めた。YouTubeに「WE'RE THE SAME ASIAN feat. TAKUMA THE GREAT」なる楽曲をアップしたHAIIRO DE ROSSIである。10年、11月下旬の話だ。

問題は人ではなく国と国
ただ望んでいるのは過去のしがらみを解くこと(※原文は中国語)

君の読んだ歴史の大半が
どちらの国も反対に書かれてる
国籍は世界

(「WE'RE THE SAME ASIAN」より一部抜粋)

 同曲は、直接的には「尖閣諸島中国漁船衝突事件」に端を発したものだが、タイトルにSAME ASIANとあるように、国内で沸き起こりつつあった“嫌韓・嫌中”“愛国心”の風潮に警鐘を鳴らす内容で、ヒップホップシーンの枠を超えて注目を集めた。その背景には、社会的なメッセージ性を持ったレベルミュージック(権力に抵抗する音楽)というヒップホップの性質が日本国内で再認識されたことと、短絡的に“仲良くしよう”という当たり障りのないメッセージに終始せず、客演のTAKUMA THE GREATが台湾と日本人のハーフというバックグラウンドを持ち、中国語でラップをすることで、日本・中国の両国に向けて発信されていたことにある。しかし、この曲に対し、「愛国者でラップをしています」をモットーに掲げるラッパー、show-k(ショック)がアンサーソングとなる「WE'RE THE SAME ASIAN~Real version」でビーフを仕掛けてきた(詳細は下記ボックス内)。

 この一連の話題はヤフートピックスにも掲載され、思想の右も左も巻き込んで議論を呼んだ。日本国内でヒップホップ・アーティスト(しかもインディーズ)が、政治的問題で一般的に話題となった稀有な事件といえるだろう。

 あれから約3年半――嫌韓・嫌中ムードは国内でさらに拡大し、相互で罵り合っている状況を、HAIIRO DE ROSSIが当時を振り返りながら、見つめる。

「あの当時は、国内の雰囲気に違和感がありました。反対意見が封殺されながら世論が一変していく怖さがあって、これが愛国心なのか、ちょっと待てよ、一回みんなで話し合おうよって。だから、“議論の場”を提供したくて、『WE'RE THE SAME ASIAN』を作ったんです。あの曲は僕の思想を主張したんじゃなくて、あくまで問題提起をしたかった。“中国”や“日本”といった国に対して言っているんじゃなくて、“中国人”と“日本人”に対してメッセージを投げている。叩かれるかもしれないし、同調してくれる人もいるかもしれない。どっちが正しいかなんてわからないけど、議論をすることによって、もっと違う考えが生まれると思ったんです」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』