サイゾーpremium  > 連載  > 【レイザーラモンRG】アダルトグッズのパッケージは透明プラスチック使いがち
連載
レイザーラモンRGの「あるあるアダルトグッズ考」【1】

【今月のアダルトあるある】アダルトグッズのパッケージは~透明プラスチックを使いがち~

+お気に入りに追加

――あるあるネタでおなじみのレイザーラモンRGが、アダルトグッズから、性と社会の関係を講ずる!

1405_A-ONE_01.jpg
(写真/小野つとむ)

 この連載では あるあるネタ でブレイク中のレイザーラモンRG氏が、思わず「あるある」と言いたくなるようなエピソードと共に、アダルトグッズの普及を考えていく。今月は想像を超えた使用感を体験できるオナホール「ロングスライド」をピックアップした。

――早速ですが「ロングスライド」を使ってみての“アダルトグッズあるある”をお願いします!

レイザーラモンRG(以下、RG) いきなりですね(苦笑)。では、“アダルトグッズあるある”をRGの思い出に乗せて語り尽くします。

 まず、私は個室ビデオで5~6年働いていたことがあり、オナホールなどの仕入れも担当していました。当時はスポンジのカップホールが人気で、確か「ベストフレンド」という商品が一番の売れ筋だったんじゃないかな? その頃と比べるとこの「ロングスライド」は、快感を追求する工夫にあふれていて「オナホもここまで来たか!」というほどの進化ですね。

――かなり詳しいですね。

RG 私の考えでは、団塊世代はオナニーに対して “いけないもの”という禁忌を持っていたがゆえに、彼らが若かりし頃は、オナニーグッズも画一的で面白くないものばかりだったと思うんです。しかし、テレビやビデオが普及して、AVが一般に浸透していく中で、我々のような団塊ジュニアの世代たちは、オナニーという行為に対して昔ほどは禁忌を持たなくなったと思いませんか? そのためにユーザー側も多彩なニーズを持つようになり、オナホールもそれにこたえようとして進化しているんでしょうね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年10・11月号

伊織いお「パワフル&セクシー」

 伊織いお「パワフル&セクシー」
    • 【伊織いお】ボディメイクで鍛えた体!

(秘)読書案内

(秘)読書案内
    • 【YouTuber本】ヒット戦術
    • 【RYKEY DADDY DIRTY】ムショ読書
    • 【イスラム】を理解するための本
    • 尖端的すぎる【写真集】
    • 【フェティシズム】写真集の華麗なる変遷
    • 【スピリチュアル出版社】イチオシの本
    • 【エロ本】衰退史
    • エロ本業界の【歴史】がわかる参考文献
    • 【現代のエロマンガ家】の4冊
    • 【ヒップホップ文化】を学ぶ本
    • 17歳の【新鋭ラッパー】に聞く
    • 今流行りの【中国ミステリ】の世界
    • 占領下生まれのイビツなニッポン【図書館】

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】高崎かなみ
    • 【高槻実穂】グラビア
    • 【藤木由貴】実家グラビア
    • 【グレイテストラウンドガール】プールパーティ
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【稲田豊史】オトメゴコロ乱読修行
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【澤田晃宏】外国人まかせ
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報