サイゾーpremium  > インタビュー  > 【青山美郷】19歳の要注目若手女優は、変人に憧れる大変人!
インタビュー
「私はすごく普通の人なので、変人に憧れます!」

【青山美郷】満員電車の中で、気になるアノ人の"妄想メモ"を執筆中!?

+お気に入りに追加

――19歳の要注目若手女優は、変人に憧れる大変人!――

1404_aoyama_01.jpg
(写真/石黒幸誠 go relax E more)

 胸の下まで伸びたセンター分けの黒髪からのぞく顔は、19歳にしては少し幼く見える。彼女の名前は青山美郷。女優としてデビューしたばかりの彼女だが、朝マックのCMの女の子だといえばピンと来る方もいるのでは。そう、ハニカミながら「いってらっしゃいませ」と言うあの子です。

 実は彼女、二階堂ふみや橋本愛など人気の若手女優が多数在籍する芸能プロ、ソニー・ミュージックアーティスツの次代のホープ。では、青山さんの目標は?

「変人になりたいんです。私はすごく普通の人なので、変人に憧れます! 具体的には……二階堂ふみさんとか大竹しのぶさんとか」

 な、なるほど……。変人に憧れてる時点でちょっとヘンな気もしますが、それではそもそも女優を志したきっかけは?

「テレビドラマが好きでよく観ていたんですけど、高校に入学したあたりから、『なんで私はここに出てないんだろう?』って悔しくなってきて、テレビを見るたびに号泣してたんです。で、お母さんを説得してなんとかオーディションを受けさせてもらって」

 テレビの向こう側に対して闘志をむき出しとは、負けず嫌いの方向性がちょっとヘン? ただ、涙のかいあってか17歳で事務所のオーディションに合格、地元兵庫県から上京してもうすぐ1年がたつそうです。慣れない東京での一人暮らし、苦労もしたのでは?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ