サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【平井理央】グラビアデビューの中身
ニュース
【premium限定ニュース】

ついに平井理央がグラビアデビュー! 気になる中身は……?

+お気に入りに追加

51CFHSgsvTL._SS500_.jpg
『好き。―平井理央写真集』(テイアイエス)

 元フジテレビの人気女子アナで現在はフリーの平井理央が週刊プレイボーイ誌上でグラビアデビューすることになった。一昨年の秋、結婚を機にフジテレビを退社。その後フリーとして活動はしているものの、華やかだった局アナ時代と比較すると、その他大勢のフリーアナ同様、埋没してしまっているといのうが実情。そんな中でのグラビアデビューだけに、周囲からは揶揄する声もあがっている。

「平井がグラビアデビューすると聞いて、業界内では噂になりましたが、蓋を開けてみれば、水着はおろか、ほとんど露出もなく期待はずれでした。フリーの女子アナが急増して需給バランスが崩れているだけに、生き残りをかけてグラビアに挑戦したようですが、どうにも中途半端で…」(業界関係者)

 それでも、同じくプレイボーイ誌上でビキニ姿を披露したフリーアナの脊山麻里子同様、なりふり構っていられない懐事情があるようだ。

「今年に入ってから『ぐるぐるナインティナイン』の『ゴチになります』のメンバーに抜擢されましたが、他にレギュラーはJ-WAVEのラジオ番組のみ。通常は古巣のフジの顔を立てながら数年は仕事をするのが普通ですが、姉が代表を務める個人事務所に移籍したこともあって、フジとのパイプもなくなってしまった。昨年フジを退社しフォニクス所属となった本田朋子が『すぽると!』を引き続き担当しているのとは大違い。『フリー転身は失敗だったのでは?』と元同僚も心配しています」(フジテレビ関係者)

 個人事務所でやれるほど、フリーは甘くないようだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21
    • 【森発言は女性差別?】高齢者座談会
    • 広がる【陰謀論とGAFA】の対応
    • 【Qアノン】の主張
    • ビジネス的な【福音派】の布教
    • 【ザ・ボーイズ】が描く福音派
    • 【反ワクチン運動】の潮流
    • 取り沙汰されてきた【ワクチン4種】
    • 【メガIT企業】が触れたタブー
    • 【民間PCR検査】の歪な構造
    • 【NHK】に問われる真価
    • 【テレ東】が身中に抱えた爆弾
    • 【キム・カーダシアン】の(危)人生
    • 【仰天修羅場】傑作5選
    • 月収12万でアイドルが【パパ活】
    • 【パパ活】の背景にある雇用問題
    • 金融の民主化【ロビンフッド】の闇

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【朝日ななみ】新人役者は“嫌われるほど悪い役”を目指す!
    • 【はるかりまあこ】新風を巻き起こす三人官女のサウンド
    • 【SILENT KILLA JOINT & dhrma】気鋭ラッパーとビート職人
    • 【松居大悟】自身の舞台劇をどのように映画化したのか?
    • 【BOCCHI。】“おひとりさま。”にやさしい新人7人組

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』