サイゾーpremium  > インタビュー  > 【元貴闘力】──46歳、プロレスデビューは「ピラニアデスマッチ」!?
インタビュー
かかってこい大仁田!!

【元貴闘力】元貴闘力のプロレスデビューは「有刺鉄線電流爆破ピラニアデスマッチ」!?

+お気に入りに追加
1402_takatouriki_01.jpg
(写真/有高唯之)

 力士時代は必殺の張り手で人気を博した鎌苅忠茂親方。そして昨年、親交のある初代タイガーマスクこと佐山サトルの「リアルジャパンプロレス」を観戦中に、大仁田厚らに襲撃され大怪我を負わされたことで、復讐を決意した。46歳でプロレスデビューを控える鎌苅親方に、その決意のほどを直撃だ!

――実業家としても順調な中、なぜ46歳でプロレスのリングに立つことを決意されたのでしょうか?

鎌苅忠茂氏(以下、鎌苅親方) 一言でいえばジレンマかな。もちろん大仁田に襲撃されたこともあるけど、やっぱり人に教えたり、体を鍛えるのが好きなんだろうね。相撲から離れて、「自分はもう関係ない」と思ってても、やっぱり格闘技が一番好きなんですよ。商売やってお客さんが来てくれて、ありがたいって思う半面、今の相撲界を見てると、自分が教えていたら、もっと強い力士を育ててたって自信はあるよね。

――今の相撲界は、どういった部分が足りないですか?

鎌苅親方 例えば、よく力士がインタビューで簡単に「今年は怪我しないように頑張ります」とか言うけど、俺に言わせれば「アホか!?」だよ。お互い命懸けて土俵に上がっていれば、相手も怪我させるくらいの気持ちでぶつかってくる。「怪我しないように」なんて答える感覚が、もう信じられない。

――力士の根性がぬるいってことですか?

鎌苅親方 ぬるいというより、格闘家として怪我するのは当たり前なんだよ。だけど怪我しないように、万全の努力をするわけ。筋肉を柔らかくしたり、怪我するような体勢を絶対作らせないとかを自分で練りながら性根入れてやれば怪我なんてのは少なくなる。それを場所が多いとか、巡業が多いとか、文句を言ってふざけんなって。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE