サイゾーpremium  > インタビュー  > 【篠原有司男】──60年代ネオダダの旗手が続ける疾走
インタビュー
映画『キューティー&ボクサー』公開!

【篠原有司男】貧しても鈍さず──60年代アートシーンの旗手は、ニューヨークで今も走り続ける

+お気に入りに追加

――日本で初めてモヒカンにした男・篠原有司男とその妻のドキュメンタリーが公開される。スクリーンに映った81歳の自身の姿は、彼にはどう見えたのだろうか――。

1401_shinohara_01.jpg
(写真/永峰拓也)

 1960年代のアートシーンを席巻した前衛芸術集団ネオダダイムズ・オルガナイザーズ。養老天命反転地の荒川修作や千円札裁判で名を馳せた赤瀬川原平なども参加した革新的な芸術グループだ。そんなネオダダの旗手としてひときわ輝きを放っていたギュウチャンこと篠原有司男。彼と妻・乃り子のニューヨークでの生活を追った『キューティー&ボクサー』が、この冬、日本公開を迎える。老いてなお銀髪モヒカン──81歳という年齢を感じさせない生粋のアーティストは、フィルムに刻まれた自身の姿に何を感じたのだろう?

「最初に観たときは、俺のアートのことを何もわかってねーなって感じたね。俺が調子のいいことを言って、それを乃り子がやっつけるって映画じゃない。こんな甘ったるいラブロマンス面白いの?って(笑)。ところが(米国で)公開されたら大ヒットだもんね。驚いちゃったよ。街を歩いていても『映画観ました』なんて言われちゃって。(サンダンス)映画祭でかけられたときなんてすごかったよ。2000人の観客がスタンディングオベーション。松井(秀喜)のホームランみたいだったよ」

 ギュウチャンが活動拠点をNYに移したのは69年のこと。トレードマークのボクシング・ペインティングが一般マスコミから注目されている最中での渡米であった。

「刺激がなくなっちゃったんだもん。日本の美術界なんて、僕のこと絶対に認めないからさ。日本にいたら、今頃は乞食になってたよ(笑)。それでロックフェラー財団の奨学金をゲットして、NYに渡ったの。そしたら水が合っちゃってさ。エネルギーが違うもん。コニーアイランド【註:篠原夫妻の当時の居住地】なんて、乱暴にいろんなモノがある移民の後楽園だから。ボインボインのプエルトリコ人が『ハ~イ(ハート)』なんて言ってくるんだから(笑)」

 街のエネルギーに触発されたギュウチャンは、以前にも増して作品作りに没頭する。しかし、アート関係者の反応は芳しくなかった。渡米当初こそ“日本の若き前衛アーティスト”ともてはやされたが、その作品がマーケットの評価を勝ち取ることはなかった。

「今も売れない。あまりにも凄いもの作ってるから。売れてるヤツの絵なんて、全部、売り絵だよ。コレクターの要望に沿った作品を作ってるだけだから。(本当は)キャンバスなんて破けばいいんだよ。(それをやると)売れねえから、キャンバスに向かってポコポコ綺麗な絵を描いてんでしょ。そんなモタモタしたことしてたらアートなんて作れないよ」

 そんなギュウチャンのジリ貧生活を『キューティー&ボクサー』は優しくも冷酷に記録している。なかでも家賃の支払いに追われたギュウチャンが、日本に段ボールアートを売りに行くシーンは本作の見せ場のひとつだ。

「涙の映像だよね。心の中の定価は300万円なんだから。それが実際の売値は30万円でしょ。そんなもん女房も怒るじゃない。でも、キャッシュがないと家賃が払えないからさ。言っちゃっていいか、あの新作は石原慎太郎が買ってくれたんだよ。昔っから仲良いんだ。事務所に行って『慎ちゃん、これ買ってよ』って言ったら『いいよ』って。で、作品を事務所の連中に見せながら『キミたちに、この良さがわかるかね』なんて言ってんだもん。頭のネジが飛んでるよね(笑)」

 老体に鞭打ち、作品を手売りする決して楽ではない生活。それでも「乞食をしてでもアートを作り続けるよ」とギュウチャンは笑う。

「肉体労働で小銭稼いでも仕方ないからさ。そんなのは面白くもなんともないよ。お金のレベルでも、絵を描いて一発当てるほうがいいからね。アートなんて偽札作ってんのと同じなんだから(笑)」

 篠原有司男81歳──60年代を疾走した前衛アーティストの狂い咲きは、今も現在進行中のようだ。

(文/渡辺トモヒロ)

篠原 有司男(しのはら・うしお)
1932年、東京都生まれ。52年に東京藝術大学に入学するも、平凡なカリキュラムに失望して中退。55~63年の間、読売アンデパンダン展に連続出品し、その奇抜なファッションと前衛的な作品が美術メディアではないマスコミの脚光を浴びる。その後、69年にジョン・D・ロックフェラー三世奨学金を受けて渡米。活動拠点をニューヨークに移す。代表作に現代浮世絵花魁シリーズ、段ボール製オートバイ彫刻など多数。現在、妻・乃り子との展覧会〈Love Is A Roar‐r‐r‐r! In Tokyo〉が渋谷・パルコミュージアムにて開催中。

1401_shinohara_02.jpg
(c)2013 EX LION TAMER, Inc. All rights reserved.

『キューティー&ボクサー』
ボクシング・ペインティングで知られるモヒカン頭の現代芸術家・篠原有司男と妻・乃り子の生活を追ったドキュメンタリー映画。故・岡本太郎が「ひたむきなベラボウさ」と激賞した全身芸術家と、そんな彼を支えてきた妻の"アートをめぐる静かな戦い"をユーモラスに切り取る。
監督・撮影・プロデュース/ザッカリー・ハインザーリング 出演/篠原有司男、篠原乃り子、篠原アレクサンダー空海、富井玲子ほか 公開/12月21日よりシネマライズほか全国ロードショー

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ