サイゾーpremium  > 限定  > 【premium限定】蒼井優は男を芸の肥やしにできるのか?
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

男性遍歴はすでに一流女優並!? 蒼井優は男を芸の肥やしにできるのか?

+お気に入りに追加

――数々の芸能スクープをモノにしてきた芸能評論家・二田一比古が、芸能ゴシップの“今昔物語”を語り尽くす!

1307_az_aoi.jpg
『蒼井洋菓子店』(マガジンハウス)

「好きな人ができたから~」

 女優の蒼井優は、昨年5月から交際していた俳優の鈴木浩介にこう告げて別れたという。芸能人でなくとも恋人に「好きな人ができたから、別れます」とはっきりと言える人は少ない。好きな人は隠して自然に別れるか、しばらくは“二股”を続けるかだろう。蒼井になにがあったのだろうか?

 蒼井は福岡から上京して芸能界に入った。映画『フラガール』で注目され、その名は全国区に。以後、数々の映画に出演。芸能関係者の間では、「主役でなくても光る演技で、若手の貴重な女優に成長した」と評価されている。

 女優として成長著しい一方で、蒼井の私生活は謎めいていた。蒼井は業界ではめずらしい本名「非公開」。出身地も福岡とあるだけで、市町村など詳細は不明。理由は定かではないが、「(卒業アルバムや過去のプライベート写真といった)発掘モノをわからなくするため」との見方もされる。かつて、週刊誌の世界では「発掘もの」が流行していた。人気タレントの過去を出身地の中高時代の同級生の話や当時の写真で構成するもので、週刊誌に定番の人気シリーズだった。

 そこには意外な発見があった。

「あんな清純そうなイメージなのに、高校生の時は地元のヤンキーだった」「多数のボーイフレンドがいた」という話がその一例だろう。結果、清純派で売っている武井咲や、モデルとしてカリスマ的な人気を博した佐々木希に元ヤンキー疑惑が出てくるのだが、本名も出身地もわからないのでは調べることが困難になる。

 出身地や本名が非公開であれば、結婚や離婚の際、決め手になる両親の証言が取れず、マスコミ泣かせともいえよう。1983年頃、長渕剛が最初の結婚相手だった石野真子との離婚の際も、私は鹿児島に住む長渕の母親から確信的な話を取り、離婚スクープを報じた経験がある。芸能人の実家を知っていることは、芸能記者にとってある種の財産と言っても過言ではない。

 さて、蒼井にどんな真意があってプライベート情報を非公開にしているのかは定かではないが、オープンな恋愛をする蒼井の次なる恋愛相手が発覚するのは時間の問題だろう。それは過去の恋愛を見れば一目瞭然。V6の岡田准一、俳優の大森南朋、そして鈴木。すべて共演者なのが特徴だ。すでに新恋人と報じられている「好きな人」として三浦春馬、古田新太、妻夫木聡ら最近の共演者の名前が浮上しているが、明確な根拠があるわけではないようだ。共演者ということから候補者に祭り上げられているだけだ。

「共演者キラー」というと男性俳優に言われがちだが、蒼井同様、女優にもキラーといわれた人はいる。桃井かおり、大竹しのぶがその代表だろう。桃井も大竹も共演者と恋仲になったことが多いが、2人ともお酒を飲みながら演技論を交わすことが好きだった。加えて積極的にアタックをかけるタイプ。ただ、結末は自分の思い通りにいかないのが恋愛の面白さ。桃井が作家の伊集院静氏と結婚を意識していた頃のこと。いつの間にか伊集院氏は夏目雅子と結婚。桃井は夏目との結婚発表に仰天したという。悲劇のヒロインに終わり、今も独身生活が続いている。

 対照的に大竹の最初の結婚相手だったTBSのプロデューサーH氏は略奪愛だった。H氏は歌手の中村晃子と「結婚決定」というほどまで進展していたが、大竹は中村からH氏を奪い取ったのだ。その後、六本木で大竹と鉢合わせになった中村が大竹を「泥棒猫」と罵ったというエピソードは、芸能マスコミでは語り草となっている。

 蒼井もそんな2人と似たタイプだろう。演技論を交わすうちに狙った男を射止める……。一番、結婚に近かったのが大森だ。本格派役者の大森に夢中になったが、最終的に蒼井はふられた。その後、大森は女優の小野ゆり子と結婚している。「妻にするには蒼井は重過ぎる」というのが理由だったと聞く。

 鈴木は役者としては、蒼井よりも格下。蒼井の相手としては「もの足りなかった」と見るのが妥当だろう。恋愛依存症とまでいわれる蒼井にとって、鈴木は中継ぎ。寂しさをまぎらす道具に過ぎなかったのだろう。だが鈴木は結婚を夢見て、新居用にマンションまで購入してしまったという。早合点だったというしかない。

 過去にも似たようなケースが芸能界にはあった。神田うのと石井一久投手(現・西武ライオンズ)、そして、長谷川理恵と石田純一。共に男が結婚のための新居を購入しようとした瞬間、彼女たちは引いてしまった。「まだ結婚の段階ではない時期に新居購入で冷めた」と喧伝されている。芸能界に生きる女性は結婚に関しては、相手や時期などの打算が働く。神田も長谷川もその後、結婚相手をシビアな目で捕まえている。それは恋愛遍歴のなせるワザである。俗に「恋愛遍歴」は悪いイメージが強いが、有効な遍歴を続けることで女としての目も磨かれる。少なくとも仕事にマイナスにならない結婚相手を見つけることが芸能界で生きていく術でもある。蒼井はその可能性を秘めている貴重な女優なのだ。

ふただ・かずひこ
芸能ジャーナリスト。テレビなどでコメンテーターとして活躍するかたわら、安室奈美恵の母顔が娘・奈美恵の生い立ちを綴った「約束」(扶桑社刊)、赤塚不二夫氏の単行本の出版プロデュースなども手がける。青山学院大学法学部卒業後、男性週刊誌を経て、女性誌「微笑」(祥伝社/廃刊)、写真誌「Emma」(文藝春秋/廃刊)の専属スタッフを経て、フリーとして独立。週刊誌やスポーツ新聞などで幅広く活躍する。現在は『おはようコールABC』(朝日放送)、『今日感テレビ』(RKB毎日放送)などにコメンテーターとして出演。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ