サイゾーpremium  > ニュース  > 【山P】の祖父は官能小説家!
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

「エロP」山下智久の祖父は官能小説家だった!タレント官能小説ブームに乗れるか?

+お気に入りに追加
1307_pren_yamaao.jpg
幻作発禁濃密文庫〈第1巻〉

 今春から『スポーツニッポン』紙上でお騒がせグラドル・小阪由佳が官能小説に挑戦。連載当初は“それなりに”話題になったが、近頃はまったくと言っていいほど、その評判が聞こえなくなった。「即席小説家」の正念場といえるのかもしれない。

 そんな中、「官能小説家」を祖父に持つ“超良血”のアイドルがいる。そのアイドルとは、山Pこと元「NEWS」の山下智久である。ご存じ、山Pは明治大学商学部卒業の高学歴タレントで、頭脳明晰といっても過言ではない。

 そして、その山下の祖父が、歴史官能小説家として有名な故・青木信光(あおきしんこう)だという。オールドファンには懐かしい作家だろう。事情通がこう説明する。

「50歳、60歳代世代で青木信光といえば『東京スポーツ』紙の歴史官能連載を思い出すでしょう。90年代前半にエロ面ではなく、業界で言う“サラリーマンのページ”に掲載されていた。当時、東スポの編集局長だった櫻井康雄氏が、ペンネームである原康史名義で熱筆を奮っていた『激録 日本大戦争』の横に青木のコラムが掲載されていてなんとも異質だった。そのおかげ(?)で青木のコラムは人気が高かった」

 もっとも、青木が有名になったのは東スポ紙上ではない。彼が「その世界」の第一人者になったのは、1965年(昭和40年)に遡る。青木は、種々の性交体位をまとめたカード『医学カード』(三星社書房)を発表。それがミリオンセラーの大ヒットとなり、以降、歴史ポルノの執筆やエロスの翻訳、編纂などを手がける巨匠となった。

 だが、両者の血縁関係について、ひっかかってくるのが「青木」姓と「山下」姓……山Pは幼少の頃、両親が離婚し、母子家庭のなかで生活を営んできたことは有名だが、果たして本当に山Pは青木の孫なのだろうか?

 前出の事情通が続ける。

「確かに、青木は東京出身で山下は千葉出身と、出身地は異なります。しかし、千葉在住の青木の息子は、“青木信光が父であること”“山Pが実息であること”を近親者に公言しているのです。その青木の息子とは、自民党千葉県連の青木太郎。都内で派手に夜遊びしているみたいですよ」

 現在、青木太郎氏は県議会議員に名を連ねておらず、単なる党職員として活動をしている。偉大な作家を父に、国民的スターを息子に持つ太郎氏の心境は如何なモノなのだろうか。

 06年に他界した実父・信光の莫大な著作権は彼の手中にある。青木の小説をリバイバル刊行でもしようものならば、それこそオールドファンにとっては垂涎モノ。冒頭の小阪といった“官能小説家”との人気の差は歴然だろう。

“官能小説”については、「つい先日も、『日刊ゲンダイ』紙にグラドルの松坂南が官能小説家に挑戦する、という記事が掲載されていましたが、小阪や松坂、元・AV女優で官能小説家に転じた川奈まり子など、露出の多いタレントには官能小説家への転向が安易で向いていると思われているようです」と、出版関係者は語り、続けて次の様な批判を口にする。

「官能小説は“屹立した男性自身”“花弁がほのかに色づく”“花唇から甘蜜が溢れ”…など比喩をふんだんに使える。そのせいか、書き手がマスターベーションに陥り、作家気分に浸れるのです。ところが、なんとなく見様見真似で書くと、描写と表現がワンパターンで薄くなり、文章に“コク”がなくなる。結局、“お色気タレント官能小説”はすぐ飽きられてしまうことも多い。実のところ官能小説家とは奥が深く、本当に才能がないと書けないんです」

 “血筋”を考えれば、山下智久にも官能小説の才能があるかもしれない……。一時期、自身を「エロP」と称し、セクシーキャラで売りだそうとした山下だけに、今後、ジャニーズ初の官能小説家デビューを飾れば、話題性も十分でヒットは間違いなし!?


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ