サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 【ファッション研究者】服飾文化の豊かさに寄与しない

1307_UNIQLO_05.jpg

蘆田裕史(あしだ・ひろし)
1978年生まれ。ファッション研究者、京都精華大学ポピュラーカルチャー学部教員。ファッション批評誌「fashionista」編集委員。共著に『A REAL UN REAL AGE』(パルコ出版)、『ファッションは語りはじめた』(フィルムアート社)など。


[ファッション研究者]蘆田裕史
■多様性を失わせるやり方は服飾文化の豊かさに寄与しない

 そもそも、ユニクロをファストファッションと呼ぶかどうかは、人によって分かれるところだと思います。H&Mやフォーエヴァー21のように1~2週間で店頭の商品が入れ替わるほどサイクルが早いわけではないので、そういった意味ではファストファッションとは呼べないという考え方もある。低価格のブランドという括りで考えればH&Mなどとも比較できますが、ユニクロはほかのそうしたブランドと比べると、ファッション性がないのが特徴といえるでしょう。若い世代からおじさんおばさんまで、いろんな人が着られる服を売っている。これまで、安い服はそれだけ“安かろう悪かろう”と思われていたものを、粗悪でない丈夫な服を出して安い商品に対する先入観を変えたのは大きな功績だと思います。高級ブランドの商品は品質や制作にかかる手間や時間のために高価なものになっている部分もありますが、記号的な価値が大きいことも否めない。 単に“質の良い服”を作るだけであればそこまで高くはなくてもできるんだ、ということを示してくれているとは思う。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

インタビュー

連載