サイゾーpremium  > ニュース  > ビジネス  > 【ビジネス】「故宮博物院展」主催ゲットのため、新聞各社が台湾に媚び媚び!?
ニュース
いよいよ倒産する新聞社も出るか……!?

故宮博物院展で台湾に媚び媚び!?記者のみぞ知る最新"新聞社ビズ"

+お気に入りに追加

[座談会参加者]
A…全国紙経済部記者
B…全国紙文化部記者
C…全国紙外信部記者
D…全国紙社会部デスク

1306_komiya.jpg
『台北故宮博物院』(平凡社)

A 最近の新聞社のビジネスというと、新聞社主催の展覧会「故宮博物院日本展」が話題になっているね。

B はい。台湾の故宮博物院は中国歴代王朝の秘宝60万点以上を集めた世界有数の博物館ですが、その所蔵品を初めて日本に持ってくるという触れ込みの展覧会です。東京国立博物館と九州国立博物館で来年開催することが決まっていますが、美術業界では「最後の大物展覧会」なんていわれていますよ。

C 毛沢東率いる共産党との内戦に敗れた中国国民党の蒋介石が1949年に台湾に逃げた際、もともとは北京の故宮にあった品々を一緒に持っていき、後に台湾に故宮博物院を作って展示しました。そういう歴史的な経緯があるから、もし日本で展覧会をやったら中国が「あれはうちのものだ」と主張して差し押さえ申請することも可能。なので開催機会がなかったんですが、日本の美術館が海外から借りた作品をほかの国に差し押さえられないようにする「海外美術品等公開促進法」が11年に成立したことでこの問題が解消され、ようやく開催にこぎ着けました。

D そもそもなんで新聞社が主催で展覧会をやっているわけ?

B 戦後、海外などの文化事情に詳しい新聞社が、「文化振興」の名目で展覧会を主催するようになったんですよ。その頃は、文化部なんかに美術界とつながりの深い大物記者もいましたしね。昔はキュレーターなんていなかったから、美術館も話題作を呼ぶには好都合ということで、新聞社主催展を利用するようになった。有名なのは1964年に朝日新聞主催で上野の国立西洋美術館で開かれた「ミロのビーナス展」。入場者数83万人を超して、社会現象になったほどです。

MEMO故宮博物院展
台湾・台北にある国立故宮博物院の日本展のこと。同院の所蔵物が初めて日本に持ち込まれるということで、新聞各社が主催の争奪戦を繰り広げた。2014年に開催予定。

D 当時の新聞社が1面を使って「ミロのビーナス来たる!」とか大々的に広告するんだから、客が入らないわけはなかっただろうしな。無料チケットを「話題の展覧会チケットを家族分プレゼント」なんて契約者に配る、新聞拡販の要素も大きかったんだろう。

A で、今回の「故宮博物院日本展」は久々の大型案件で満員大入りが期待できるから、新聞各社が血眼になって主催社の争奪戦をやったというわけだ。

C 台湾側もそのへんの事情は知り尽くしていて、日本の新聞各社を天秤にかけたようです。開催問題が本格化した昨年は全国紙各社が役員や編集幹部を台湾に送って、台湾側に「ぜひうちに主催権を」と訴えていました。昨年は台湾の総統選挙があるなど政治的に微妙なタイミングだったこともあって、台湾に批判的な報道をすると「おたくが難しい立場になることは、私としてもうれしくないのですが……」と政府関係者から声を掛けられることもあったと聞きます。

D 結局どこの主催になったの?

B 最終的には、全国紙各社が共同主催という、かなり異例の形に落ち着くようです。

C 台湾駐在特派員は台湾側との窓口を務めていたため、日本にいる幹部から国際電話で「故宮日本展にうちが落選するようなことになったら、即刻国内へ強制送還だからな!」とハッパをかけられていましたが、どうにか誰もクビにならなくて済んだとホッとしていますよ(笑)。

社長の意をくむ支局長紙面を使ってアピール

B 新聞社主催の展覧会といっても、最近ではめぼしいものはすでにやり尽くされていて、「ルーブル美術館展」とか「ピカソ展」とか、ある程度来客が期待できる定番企画を繰り返しているだけ。それも、新聞社の事業局社員も専門知識に欠けるようになっていて、企画会社から持ち込まれた案件をそのまま開催するという体たらく。そしてお客も目が肥えているから粗製乱造はすぐにわかるのか、入場者数もはかばかしくない。10年に読売主催、東京国立博物館で開催された「東大寺大仏-天平の至宝」は目玉展示に欠けたため入場者数が伸びず、相当な赤字が出たと業界内で話題になりました。

D 展覧会の丸投げというケースでは、ちょっと前にフジテレビが主催した「ツタンカーメン展」は怪しいベンチャー投資会社が企画したことで話題になったな。文化部にいると、その方面で面倒なことも多いんじゃないの?

B 自社主催の展覧会の前には、関連記事をさんざん書かされますね。価値のある展覧会ならまだいいんですが、正直つまらない内容だと褒めるネタを探すのも大変です(苦笑)。

D 社会部でも、自社主催の展覧会にお偉方が来ると、「皇族もご観覧」とか「総理大臣も観覧」とか、いろいろと書かされますよ。自社主催のイベントは、現場にとっては面倒でしかない。

A 経済人を集めたシンポジウムなんていうのもよく主催してますけど、全文書き起こしを命じられたりと、面倒極まりない。さらに、経済部長から「今度、資源開発関係のシンポジウムをやるから、その前にその方面の最新動向を紙面で書いておけ」なんていう発注が飛んできたりするし。シンポジウムではその部長が司会役で「最近こういう記事にもあるように資源開発は盛り上がっていますが、皆さんの意見は?」なんて得々と話していたりして、まさに自作自演以外の何物でもないね。

D 新聞社の主催事業は、社内政治に利用されることが少なくない。毎日新聞では、自社で主催している将棋の「王将戦」が社内人事の道具になったって話題だ。王将戦の対局会場は浜松市内に置かれることがほとんどだったのに、毎日の朝比奈豊社長が就任後に自らの出身高校がある静岡県掛川市に移そうと画策し、実際昨年は第一局の会場になった。その意をくんだ前静岡支局長が、静岡県版で大きなスペースを使って「王将戦は掛川!」とPR、その支局長は4月に部長職待遇の「社長秘書役」に抜擢されたそうだ。そんな訳のわからない記事を読まされる静岡県民はたまったもんじゃない。

A ところで、現在の新聞社の新規事業といえば、やっぱりネットですよね。でも、ネット事業をどうするかは新聞各社とも答えが出ていないようで、朝日新聞が5月から「ザ・ハフィントンポスト日本版」を始めるほか、読売新聞は有料サービス「読売プレミアム」を昨年から提供するなど動きはありますが、これという決め手になるものがない。

B 迷走しているのか、最近では本業とまったく関係ない事業を手がける新聞社も出ていますよ。産経新聞は、オンライン英会話事業を最近始めたって話題になっていました。

C スカイプを使って、フィリピンにいる講師とマンツーマンでレッスンできるというやつですよね。産経の知り合いに聞いたら、通信教育事業なんかを手がけるヒューマンホールディングスとトランスコスモスとの共同でやっていて、ほとんど両社に丸投げ、産経は告知やイベント会場の提供くらいしかやっていないみたいです。

A ここでも丸投げ(苦笑)。産経さんは、iPhone向けの紙面無料サービスなどを華々しくやっている割には、「主力の新規事業」と位置付けるネット事業を収益化できていなくて、まさしく迷走中ですよね。

D まっ、新聞社の経営陣は記者上がりばかりだから事業センスがないというのが根本問題なんだろうな。

(構成/編集部)

1964年に朝日新聞が主催した「ミロのビーナス展」の入場者数

83万人
■いよいよ出るか?新聞社の倒産劇
 全国紙、地方紙を問わず新聞各社の経営不振が伝えられて久しいが、相変わらず特に厳しいのが毎日新聞。13年3月期の中間決算では21億2900万円の最終赤字で前年同期よりもさらに悪化し、なんとか業績回復して黒字を確保した全国紙他社との“違い”を見せつけた。朝日新聞の木村伊量社長も、13年の年頭挨拶で消費税増税に触れ、経営破綻に追い込まれる新聞社も出るのではないか、などと毎日を意識したかのような発言をした。消費税率が8%に上げられる14年、そして10%に上がる15年、いよいよ倒産する新聞社も出るか……!?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ