サイゾーpremium  > インタビュー  > 【THE OTOGIBANASHI’S】10代の初々しい文化系ラップ
インタビュー
”リアル”だけじゃない次世代HIPHOPのかたち

【THE OTOGIBANASHI’S】「学校早退してリリック書く」初々しい3人組による2010年代仕様の"文化系ラップ"

+お気に入りに追加

──初めて触れたラップがリップスライムの「楽園ベイベー」だったという3人組。マッチョなヒップホップではなく、文化系ラップなるものがあるならば、その最新型こそ彼らの音楽かも?

1306_otogi_01.jpg
(写真/磯部昭子 A/M)

 THE OTOGIBANASHI’Sという10代のラップ・グループが話題となったのは2012年の夏前。彼らが自主制作してYouTubeにアップしたミュージック・ビデオ『Pool』は、ドラムのリズムを大胆に排した透明度の高いトラックと、どこかファンタジックで、しかし人を食ったような静かな語り口との組み合わせがあまりにフレッシュかつポップで、ヒップホップ・フィールドのみならず、その“外側”の層へも拡がっていった。

「高校入って、同じ学年にラップ聴いてるヤツがいるって知って、それがin-dでした。ラップやるならグループだと思ってたんで、一緒にやろうよって誘ってたんですけどダメで」(bim)

「断るのが苦手で、はぐらかすために『同じクラスになったらいいよ』って言ったら、高2でたまたま一緒になって」(in-d)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年7月号

ヤバい本150冊

ヤバい本150冊

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」
    • 【斉藤優里】卒業記念写真集

インタビュー

連載