サイゾーpremium  > インタビュー  > 【THE OTOGIBANASHI’S】10代の初々しい文化系ラップ
インタビュー
”リアル”だけじゃない次世代HIPHOPのかたち

【THE OTOGIBANASHI’S】「学校早退してリリック書く」初々しい3人組による2010年代仕様の"文化系ラップ"

+お気に入りに追加

──初めて触れたラップがリップスライムの「楽園ベイベー」だったという3人組。マッチョなヒップホップではなく、文化系ラップなるものがあるならば、その最新型こそ彼らの音楽かも?

1306_otogi_01.jpg
(写真/磯部昭子 A/M)

 THE OTOGIBANASHI’Sという10代のラップ・グループが話題となったのは2012年の夏前。彼らが自主制作してYouTubeにアップしたミュージック・ビデオ『Pool』は、ドラムのリズムを大胆に排した透明度の高いトラックと、どこかファンタジックで、しかし人を食ったような静かな語り口との組み合わせがあまりにフレッシュかつポップで、ヒップホップ・フィールドのみならず、その“外側”の層へも拡がっていった。

「高校入って、同じ学年にラップ聴いてるヤツがいるって知って、それがin-dでした。ラップやるならグループだと思ってたんで、一緒にやろうよって誘ってたんですけどダメで」(bim)

「断るのが苦手で、はぐらかすために『同じクラスになったらいいよ』って言ったら、高2でたまたま一緒になって」(in-d)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』