サイゾーpremium  > ニュース  > 男性スキャンダルと共にのし上がった【藤原紀香】
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

新恋人報道もまったく盛り上がらず…女優業が開店休業中の藤原紀香

+お気に入りに追加
1305_norika_pn.jpg
藤原紀香の『N.Perfect body』(講談社)

 4月19日付けの「サンケイスポーツ」がスクープしたのが女優・藤原紀香の新恋人の存在。同紙によると、お相手は外資系テレビ制作会社に勤務する年下の30代イケメンディレクターで、昨年秋に仕事を通じて知り合い、今年に入って本格交際に発展したというがその後、まったく後追い報道がなかった。

「紀香といえば、芸能界のドンこと周防郁雄社長が率いるバーニングプロダクションの系列プロ所属だが、スキャンダルなどの対応をしているのはバーニングプロの広報担当・K氏。スポーツ紙各社のB担と呼ばれるバーニング担当記者がK氏に事実関係を確認したところ、『サンスポの勇み足』と後追い報道の自粛を求めたという。しかし、K氏はサンスポに出ることを把握済み。要は最近話題のない紀香のプロモーションのために“飛ばし記事”にOKを出したようだ」(ワイドショー関係者)

 とはいえ、その後、まったく紀香の存在がクローズアップされることはなく、公式サイトのスケジュールを見ても今月末に千葉・銚子市でチャリティー写真展と講演会を行うぐらいで、民放キー局でのドラマやバラエティー出演のスケジュールは見当たらず。本業であるはずの女優業がすっかり“開店休業”の状態になってしまったというのだ。

「今年1月から2月にWOWOWで放送された主演ドラマ『男と女の熱帯夜』では共演の渡部篤郎と大胆な濡れ場を披露したが、話題になったのは放送前だけで、いざ放送されるとまったく話題にならなくなってしまった。それでも、CMは安定してオファーがあるので、稼げることは稼げるが、現在出演しているCMは白髪染めや栄養バランスの取れた宅配弁当のデリバリーサービスのCMなど、以前ならばオファーを受けなかったようなCMでも、とにかく稼ぎになるならオファーを受けるようになってしまった。陣内智則との結婚・離婚など男性スキャンダルとともに芸能生活を歩んできた紀香だけに、長期間にわたって芸能ニュースで報じられるような新恋人の存在は再浮上のためには不可欠」(広告代理店関係者)

 果たして、今度はどんな男性が紀香の新恋人として浮上するのだろうか。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』