サイゾーpremium  > ニュース  > 男性スキャンダルと共にのし上がった【藤原紀香】
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

新恋人報道もまったく盛り上がらず…女優業が開店休業中の藤原紀香

+お気に入りに追加
1305_norika_pn.jpg
藤原紀香の『N.Perfect body』(講談社)

 4月19日付けの「サンケイスポーツ」がスクープしたのが女優・藤原紀香の新恋人の存在。同紙によると、お相手は外資系テレビ制作会社に勤務する年下の30代イケメンディレクターで、昨年秋に仕事を通じて知り合い、今年に入って本格交際に発展したというがその後、まったく後追い報道がなかった。

「紀香といえば、芸能界のドンこと周防郁雄社長が率いるバーニングプロダクションの系列プロ所属だが、スキャンダルなどの対応をしているのはバーニングプロの広報担当・K氏。スポーツ紙各社のB担と呼ばれるバーニング担当記者がK氏に事実関係を確認したところ、『サンスポの勇み足』と後追い報道の自粛を求めたという。しかし、K氏はサンスポに出ることを把握済み。要は最近話題のない紀香のプロモーションのために“飛ばし記事”にOKを出したようだ」(ワイドショー関係者)

 とはいえ、その後、まったく紀香の存在がクローズアップされることはなく、公式サイトのスケジュールを見ても今月末に千葉・銚子市でチャリティー写真展と講演会を行うぐらいで、民放キー局でのドラマやバラエティー出演のスケジュールは見当たらず。本業であるはずの女優業がすっかり“開店休業”の状態になってしまったというのだ。

「今年1月から2月にWOWOWで放送された主演ドラマ『男と女の熱帯夜』では共演の渡部篤郎と大胆な濡れ場を披露したが、話題になったのは放送前だけで、いざ放送されるとまったく話題にならなくなってしまった。それでも、CMは安定してオファーがあるので、稼げることは稼げるが、現在出演しているCMは白髪染めや栄養バランスの取れた宅配弁当のデリバリーサービスのCMなど、以前ならばオファーを受けなかったようなCMでも、とにかく稼ぎになるならオファーを受けるようになってしまった。陣内智則との結婚・離婚など男性スキャンダルとともに芸能生活を歩んできた紀香だけに、長期間にわたって芸能ニュースで報じられるような新恋人の存在は再浮上のためには不可欠」(広告代理店関係者)

 果たして、今度はどんな男性が紀香の新恋人として浮上するのだろうか。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』