サイゾーpremium  > 特集  > 裏社会学  > 精神を破壊する!? 脱法ドラッグの市場原理

──2012年、使用者による事故や事件が頻発し、社会問題化した脱法ドラッグ。厚生労働省は薬事法の指定薬物と似ていれば一括で規制する「包括指定」の導入を決めたが、そもそもどんな人間が売り、そして買っているのか? 風営法問題と過剰規制される社会に迫った編著『踊ってはいけない国、日本』が話題の磯部涼が、その“需要と供給”をあぶり出す!

1302_dappou002.jpg
米国で91年に刊行された『PiHKAL』と続編の『TiHKAL』。恋愛小説風のドラッグ体験談と化学式解説が載った書物で、脱法ドラッグ製造の“教科書”となった。

「2012年は脱法ドラックのパンデミックだった」

 ドラッグ体験を赤裸々に描いた著作『スピード』(文藝春秋)で知られる石丸元章氏は、カフェインなる合法ドラッグを静かに啜りながら語った。“パンデミック”とは、伝染病の爆発的流行を指す単語だ。12年前半、脱法ドラッグが原因と思われる緊急搬送数は11年の実に20倍に及んだという。酩酊した中毒者が起こした交通事故もマスメディアを賑わし、それまで、極端な個人の問題だと思われていた脱法ドラッグが、広く社会的な問題として認知され始めた年だと言っていいだろう。石丸氏はその真実に迫るべく、〈脱法ドラッグ最前線〉というトーク・イベントを開催している。しかし、取材を進める中で、自身もパンデミックに呑み込まれてしまった氏は、この日、脱法ドラッグへのアディクション(依存)を治す10週間の治療を終えたばかりだった。

「精神医療センターには、同じ原因で入ってきた人が5~6人いましたね。彼らの多くが、違法ドラッグの経験がある。それでも、共通して言っていたのが、“脱法ドラッグがこんなにも強いものだとは思わなかった”ということです」(石丸氏)

 周知の事実だろうが、まず、“脱法ドラッグ”とは何か、簡単に説明しておこう(類型についてはこちらのコラムを参照)。例えば、06年頃からヨーロッパで出回り、現在のいわゆる脱法ハーブ・ブームの火付け役となった〈スパイス〉というブランドがある。大麻に含まれるカンナビノイドに近い成分を人工的につくり出した、いわゆる合成カンナビノイドを乾燥植物片に噴霧した商品だ。摂取すれば、大麻のような、もしくはそれ以上の酩酊効果が得られるが、化学物質としてはまったく別物のため、当初は規制の対象ではなかった。その対策として、日本では09年に〈スパイス〉に使われていたJWH-018を指定薬物に定めることで取り扱いを制限している。しかし、合成カンナビノイドには、JWH-073、JWH-250、JWH-210、JWH-122……というように、無数の種類が存在し、何かが規制されれば別の何かへと鞍替えする、イタチごっこ──要するに“脱法”が繰り返されるのだ。そして、その果てに、脱法ハーブは大麻と似ても似つかないものになってしまった。

 12年6月25日に放送されたNHKの情報番組『クローズアップ現代』の内容は、専門家の間でも波紋を呼んだ。薬物問題に詳しい弁護士の小森榮氏は、自身のブログに「腹立たしさと同時に、そら恐ろしい気分を感じています」と書いている。同番組が、独自調査により、市販されている脱法ハーブから覚せい剤に似た作用を持つα-PVPを検出したのだ。脱法ハーブとは、もともと、あくまで大麻を模したものであった。大麻は覚せい剤などに比べて依存性や副作用が弱いライト・ドラッグに分類される。脱法ハーブがこれだけヒットしたのも、そのハードルの低さからだろう。しかし、違法ドラッグの経験がない若者が、ちょっと背伸びをして、手を伸ばしたものが覚せい剤同様のハード・ドラッグだったとしたら……12年に日本中で報告された奇行の実態が推測できるというものだ。

「今の脱法ハーブを安易に吸い続ければヒドい目に合う。確実に壊れます。常用者でもひと口吸って捨てるほど強いものもあります」

〈脱法ドラッグ最前線〉で石丸氏のパートナーを務め、同問題の研究を進める雨森諭司氏は言う。本来、合成カンナビノイドは医療用につくられたものだ。しかし、規制から逃れるために生み出された新種は当然ながら臨床実験等が行われていない。また、ブームで業者が乱立し、競争が激化。彼らはより魅惑的な商品を開発しようと、強い成分を混ぜ始める。さらに、それらには薬事法対策で“摂取してはいけない”と注意書きがされており、販売員は客にその効果を説明することができない。つまり、脱法ドラッグはブラック・ボックスと化しているのだ。あるいは、びっくり箱と言ってもいい。雨森氏は続ける。

「違法ドラッグの方がまだ、プッシャーとジャンキーの間でコミュニケーションがあったと聞きます。脱法ドラッグは、何が出てくるのかわからないガシャポンみたいなもの。しかし、ハマる人にはそれがイイらしいんですね。“今度は、どんなキマり方をするんだろう?”って予想がつかないのが面白いのだとか。でも考えてみれば、コンビニやファースト・フードで買う食べ物にしても、本当は何が入っているのかなんてわからない。脱法ドラッグは決して異端ではなくて、規制と競争のせめぎ合いの中で生まれた、資本主義の象徴だと思うんです」

新商品の人体実験で精神が崩壊する

1302_dappou003.jpg
本文で登場する石丸元章氏が過去にハマった、脱法ハーブの製品パッケージ。いずれも販売はすでに終了している。現行の製品ほどハードではなく、キマリ具合が良かったとか。

 では、その市場に目を向けてみよう。まずは供給側に話を聞いた。

「会社勤めをしたことはなくて、その時々、はやっていることを仕事にしてきました」と語るのは、脱法ドラッグの卸業者のA氏(25歳)。

「1年半ぐらい前、ハーブが好きでショップに通っていたら、そこで知り合った人が、“オレ、つくれるんだけど”って言うんで、ほかの常連と出資して商売を始めることにしたんです」

 このような例は枚挙にいとまがない。オレオレ詐欺が流行した00年代初頭は少年犯罪のルネサンスと言われるが、その波は10年後、脱法ドラッグによって再勃興したのだ。初期費用は海外から原料を輸入するのに30万円、パケ(袋)やラベルをつくるのに20万円。それを元手に、最盛期には7人のグループで月に350万円ほどの純利益があったという。

「ただ、結構お金もたまったんで、足を洗って海の家でもやろうと思っています。新しい商品を開発するたびに自分たちで人体実験をしてたんですけど、それを繰り返すうちに、みんなどんどん壊れていっちゃったんですね。僕も統合失調症になりました」(A氏)

 続いて、消費者側の証言。テレビ関係の会社に勤めていたB氏(37歳)は、「数年前に任された重要な仕事のプレッシャーで病み、休職することになった」という。

「心療内科に通っていたのですが、それすらも煩わしくなって、安定剤と睡眠薬の代わりに脱法ハーブを買うようになりました。とにかく、簡単に手に入るのがよかったですね」

 やがて、ひと晩でひと袋を吸い切ってしまい、我慢できず、酩酊したまま自転車に乗って買いに行くようになっていた。

「ある日、家で暴れて、同居している親に警察を呼ばれましたが、彼らはパケを見るなり“脱法じゃしょうがないな”と言って帰って行きました」(B氏)

 その後、精神的に追い込まれて自殺未遂を起こすものの、再び心療内科に行くことでアディクションを治し、最近、復職が決まったとのことだ。

 フリーランスの映像編集者であるC氏(30歳)は、急な仕事が多く、3日間寝られないこともざらだという。そんなときに頼るのが、α-PVPを含有する脱法パウダーだ。

「情けないことに、そうでもしないと食っていけない。それって、戦争直後の日本人とヒロポンの関係と変わらないですよね」

 生まれたばかりの子供のために頑張っているものの、身体に異変が起き始めているのが怖いと語る。

「喉に変なデコボコがいっぱいできて……。オレが死んだら脱法が原因だと思ってください」(C氏)

脱法ドラッグ市場は地下化する!?

 前述の石丸氏は、パンデミックの1年間を振り返って言う。

「酩酊は文化的な行為だと思っています。ただ、普通の社会生活を営んでいる人にとってはリスクが高い。だからこそ、脱法ドラッグの“捕まらない”っていう性格は魅力的なんですね。それとうまく付き合っていくために、知識を共有しようとイベントを始めたものの……α-PVPがスゴすぎた。自分は過去にメタンフェタミン(覚せい剤)中毒を克服したので、相当鍛えられているつもりだったけれど、それでも、入院までいきましたからね」

 狂乱の12年を経て、厚生労働省もいよいよ本格的な対策に乗り出した。ひとつひとつの成分を指定薬物にしなくとも、近似したものならまとめて規制できる、いわゆる包括指定を今年2月に導入予定。石丸氏も、これによって脱法ドラッグはいよいよ追いつめられるだろうと予測する。

「とはいえ、すでにアディクトの人はどうすればいいのか。需要はあるから、おそらく市場は地下化する。この国は、捕まえても、治療はしない。それでいて、“薬物犯罪は再犯率が高い”などとのたまう。自分は取り残された彼らのために、今回の入院の経験を本にしようと思っています」(石丸氏)

 そして、取材を進める中で気になる話を耳にした。業界では、指定薬物が入っていても検出に引っかからないための新たな脱法技術が発達しつつあるのだという。某ショップの店員は、「包括指定が導入されても変わらないですよ」と不敵に微笑んだ。

 また、前述の雨森氏は以下のように疑問を呈する。

「脱法にハマる人も毛嫌いしている人も、本当の問題から目をそらしていないでしょうか。例えば今、日本でも最もはやっている“合法ドラッグ”とも言うべき精神安定剤や睡眠薬にも、ハードな依存がある。僕にも、それらの複合摂取で友達を亡くした経験があります。脱法を根絶やしにすれば問題は解決するのか。そうは思えない。なぜアディクトが生まれ、ドラッグに頼らざるを得ないのか。そのことをより身近な問題として考えるときが来ているように思います」

 脱法ドラッグは、この国が抱える問題の氷山の一角に過ぎない。

(取材・文/磯部 涼)

磯部 涼(いそべ・りょう)
1978年、千葉県生まれ。ライター。著書に『ヒーローはいつだって君をがっかりさせる』(太田出版)、『プロジェクトFUKUSHIMA!』(K&Bパブリッシャーズ)、『音楽が終わって、人生が始まる』(アスペクト)。編著に『踊ってはいけない国、日本』(河出書房新社)。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ