サイゾーpremium  > インタビュー  > 【ジュリアン・モーリー】『屋敷女』監督の最新作!

──2007年に公開されたフレンチホラー『屋敷女』。その監督のひとり、ジュリアン・モーリーが4年ぶりの新作に込めた想いとは?

1209_julien.jpg
(写真/在本彌生)

 フレンチホラーの代表作『屋敷女』で一躍有名となったジュリアン・モーリーとアレクサンドル・バスティロ。彼らの共同監督2作品目として、『リヴィッド』が発表された。今作は、前作のような残酷描写だけではなく、幻想的な世界観を加えた“ファンタジーホラーに仕上がっている。

「ホラー映画はもちろん、僕はファンタジー映画も好きなんです。前回のハードで残酷な作品とは違うものを作りたかったし、ファンタジー映画がほとんどないフランス映画界の状況を変えたい、という想いから生まれた作品です」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ