サイゾーpremium  > 特集2  > 本当はロックや外タレのほうが好き!? 現...

──ここまで、ヤクザと演歌歌手たちの濃密な関係や、宴会でのマナー、その歴史について追ってきた。現在の若い衆世代にもそんなルールは通じているのだろうか?そこで、本編では某組織三次団体の親分を務めるA氏とそのご家族に、現在のヤクザと演歌の関係について、生の声を聞かせてもらった──。

1112_2toku_az02.jpg
『ヤクザ1000人に会いました! 』(宝島社)。

──今回は、「組長一家と演歌」をテーマに、お話を伺いたいと思います。ヤクザといえば、演歌歌手との親交が深いというイメージがありますが、やはりみなさん演歌好きなんでしょうか?

組長(以下、) 北島三郎、鳥羽一郎、山本譲二、大川栄策、このへんのいわゆるド演歌はみんな共通して好きだね。

──組長が自分の曲をCDにしたりする、という話も耳にしますが、そうしたケースは、実際によくあるんですか?

 あぁ、何年か前に、うちの親分も作ってたな、非売品だけど。「聴け、聴け」って喜んで配ってたけど、オレはその時一回聴いて、それ以来聴いてないね(笑)。

──思ったより、ぞんざいな扱いなんですね(笑)。宴会のカラオケでは、やはりみなさん演歌を歌われるんですか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年12月号

ドラッグの教科書

ドラッグの教科書
    • 【薬物四法】の成立秘話
    • 【日米マリファナ】最新(裏)事情
    • 【大麻と人種】に迫るドキュメンタリー
    • 【舐達麻】がブチかます大麻論
    • 【幻覚剤】の医学的研究
    • 【ミッドナイト・ゴスペル】の見方
    • 【米ラッパー界】ドラッグ最新事情
    • 【元売人トリオ】と契約したエミネム
    • 【ドラッグ表現】の最前線
    • 【満州アヘンスクワッド】麻薬と昭和
    • 【人類とドラッグ】の1万年史
    • 【アンサングシンデレラ】薬剤師はどう見たか
    • 【処方薬】に蝕まれる日米社会
    • 【大麻成分CBD】のグレーゾーン
    • 【CBD】がよくわかるブックガイド
    • 【緊急避妊薬】と堕胎利権
    • 【ピル市販】海外の実態
    • 【サイケデリックス】と宗教的体験
    • マンガの【トンデモドラッグ描写】
    • 【シャブとサウナ】都市伝説を徹底調査

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ
    • 【佐藤あいり】気鋭の女優の美しきボディ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載