サイゾーpremium  > 連載  > CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評  > 『セカンドバージン』はバブル後の肉食女子...
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第8回──【DRAMA編】

『セカンドバージン』はバブル後の肉食女子VSスイーツ妻がくり広げる喜劇だ!?

+お気に入りに追加

──ついに"ドラマの帝王"木村拓哉ですら視聴率の取れなくなったドラマ大恐慌時代。そんなテレビ離れ世代にこそ見て欲しい、テレビマンたちの力とは? ドラマの見方が変わる新目線批評。

2011年2月号 DRAMAクロスレビュー

■上戸彩の風俗嬢役も話題に

1102_nagareboshi.jpg

『流れ星』
脚本/臼田素子、秋山竜平
プロデューサー/中野利幸
出演/竹野内豊、上戸彩、稲垣吾郎、松田翔太、北乃きいほか
フジテレビにて10月より毎週月曜21:00~(12月20日終了)
非道な兄(稲垣吾郎)の借金を押し付けられたイメクラ嬢・梨沙(上戸彩)と、病身の妹・マリア(北乃きい)を抱える水族館の飼育員・健吾(竹野内豊)。マリアへの臓器提供を条件に、2人は契約結婚をする。その関係はやがて真実味を帯びていくが──。


【批評家・宇野評】
★★★★★☆☆☆☆☆
弾けきれない凶暴さはいらない
『ライフ』『ラスト・フレンズ』の凶暴さを失った中野利幸が、そこを韓流&大映ドラマの要素(ベタ&超展開)で補おうとした意欲作……なのだが、とにかく中途半端。登場人物の不幸度が全般的にヌルく、悪役の稲垣吾郎は暴れまわる予感だけして空振り、上戸&北乃も設定だけ性の香りを漂わせて描写はなし。物語展開、台詞回し、キャラ描写、すべてが軟着陸している。この路線なら、何もかも忘れて突撃しないと意味がない。ベタにやるなら、徹底しないと。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』