サイゾーpremium  > 限定  > 関係各所に聞いて〈独断と偏見で〉作成! ...

──グラビアアイドルが最も活躍するメディアといえば、グラビア誌を中心とした雑誌である。ここでは、男性誌、グラビア誌、マンガ誌を中心に、彼女らの現状がわかるデータを作成した。

0810_zasshijijyo.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。

 今回は編集部の独断と偏見でマトリックスとランキングを紹介させていただいたが、枠組が曖昧になってきているとはいえ、雑誌グラビアへの露出は人気タレントや女優、歌手へのステップにすぎないのが現実である。つまり、「グラビアに出演すること=名前を売ること」にほかならないのだ。

「部数がケタ違いのマンガ誌の表紙を飾ることはステータスなんですよ。知名度と人気が伴わなければ、絶対にオファーなんて来ませんから。写真週刊誌も出たい雑誌のひとつ。出演のハードルがマンガ誌ほど高くないのと、スキャンダルを撮られたとしても、表紙やグラビアに出てれば融通を利かせてくれるんです」(大手芸能プロ社員)


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

インタビュー

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』