サイゾーpremium  > 特集  > 雑誌に登場した回数から"潜在人気ランキン...

──秋葉原に専用の劇場を構え、"会いに行けるアイドル"をコンセプトに活動を続ける国民的アイドルAKB48。あまりの人気ぶりに、流行に流されやすい雑誌では、その人気にあやかろうとした便乗記事が、多数掲載されている。では、AKBが登場するメリットとはいかほどのものなのだろうか?

1011_AKBzasshi.jpg
各誌で取り上げられたAKBの記事。

 2005年に産声を上げたAKB48(以下、AKB)は、秋葉原の専用劇場での活動が中心だったためか、発足当初は目立った活躍もなく、低迷期が続く。しかし07年にはアニメファンを公言する中川翔子らが人気を博していた背景から、NHK紅白歌合戦が、いわゆるアキバ系アイドルの出場を検討。しょこたんやリア・ディゾンのほか、CDの販売枚数は初動売り上げ2万枚程度にもかかわらず、ブレイクの兆しを見せていたAKBにも白羽の矢が立ち、見事同番組への出場を果たした。以降、08年10月にリリースされたシングル「大声ダイヤモンド」のヒットを皮切りに、昨年9月にはアメリカ・ニューヨークで行われたアニメフェスに出演し、初の単独海外公演を敢行。そして、今年8月に発売したシングル「ヘビーローテーション」が初動50万枚を超える大ヒットを記録するなど、AKBという存在は一大ムーブメントへと成長していく。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

インタビュー

連載