サイゾーpremium  > 連載  > CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評  > 注目すべきは稲垣吾郎の変態っぷり! "三...
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第4回──MOVIE編【2】

注目すべきは稲垣吾郎の変態っぷり! "三池節"が光る『十三人の刺客』

+お気に入りに追加

2010年10月号 MOVIEクロスレビュー

■ハンパなき宣伝費注入の"大作"

1010beck.jpg

『BECK』
監督/堤幸彦
原作/ハロルド作石
出演/桐谷健太、水嶋ヒロ、佐藤健、向井理、忽那汐里ほか
配給/松竹 公開/9月4日


ニューヨーク帰りで超絶テクを持つギタリスト・竜介(水嶋ヒロ)と、暗めな学校生活を送る(だが天性の歌声を持つ)コユキ(佐藤健)が出会って結成されたロックバンド・BECKが起こす数々の"音楽の奇跡"を描く。全34巻の累計発行部数が1500万部を突破した超人気マンガが原作。

【映画文筆業・那須評】
★★★★★★☆☆☆☆
フィクションならではの腕力
音楽映画において演奏と歌声をどう見せるかは、それぞれの作品のねらいにもよるので、どれが正しいとは言えない。ただ、野外音楽フェスという舞台が、非日常のドラマの起こる場所として面白いのは間違いない。土砂降りの雨のハプニングに加え、複数のステージで同時に演奏が行われるスタイルと多元中継のモニターを逆手に取り、ばらばらの観客とミュージシャンをひとつにまとめ上げていく流れは、フィクションならではの腕力が頼もしかった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年12月号

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ

NEWS SOURCE