サイゾーpremium  > 特集  > ファンクラブ、物販、メール戦略........
第1特集
ジャニーズが学ぶべきAKB48の興行手腕【2】

ファンクラブ、物販、メール戦略......ジャニーズがさらに飛躍するための4カ条

+お気に入りに追加

──なぜ今AKB48が支持され、ジャニーズのファン離れが進むのか。4つのポイントについて比較してみたい。

【物販】
サービス精神を忘れるべからず!

1010_ill_buppan.jpg

AKB48が人気を博す要因のひとつが、CDや写真集の発売のたびに行われる握手会だ。全国各地を回り、東京ビッグサイトや、幕張メッセを貸し切るなど、盛大に行われてきた。一方、ジャニーズが握手会を行うのはデビューシングルの発売時くらいのもの。そのせいか、今年6月、エッセー『カワサキ・キッド』の発売記念で東山紀之が握手会+ハグの大サービスを、KAT-TUNがトークイベントで初の握手会を……と、その"接触っぷり"に、何か焦りを感じてしまうほどだ。また、コンサートグッズも、AKB48はファッションブランド・HbGとコラボしたおしゃれなTシャツを作るなど、より実用性を意識した努力をしているのに対し、KAT-TUN・上田のソロコンで、メーカー不明の羽根付き耳かきが発売されるなど、ジャニーズはどこかセンスを疑うような商品も多い。同時に、AKB48の生写真は写真集などの"おまけ"だが、ジャニーズは未だ1枚150円で立派な商品扱い。もう少しサービス精神を!


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ