サイゾーpremium  > 連載  > 高須基仁の「わたしは貝になりたい」  > テレビは鳩山叩き一辺倒、 重箱の隅ではな...
連載
高須基仁の暴言・放言・妄言録 私は貝になりたい 第58回

テレビは鳩山叩き一辺倒、 重箱の隅ではなく「改憲」 という本質を追及しろ!

+お気に入りに追加
1007_takasu.jpg
球界への復帰待望論が強い清原選手。彼はキャリアは十分、膝のケガに苦労した経験もある。まずは、同じくケガに苦しむエンゼルス・松井秀喜のレポートや試合解説をしてほしい。映画の宣伝キャラクターなど、やっている場合じゃないぞ。 

 辺見庸が、東京新聞夕刊で連載している「水の透視画法」というコラム(5月18日付)で、ラーゲリ(ソ連強制収容所)ではやったという詩を引用していた。

「すべてありうる。なんでも起こりうる。よるべきものはなにもない」

 辺見はこの文章を用いて今の時代を憂いた。私の時代感覚と似ていて、久しぶりに響いた。

 今、着眼大局着手小局という、基本にあるべき感覚が見失われている。文化も経済も政治も着眼小局、着手も小局。そんな中、着眼大局を担うべきは、ジャーナリストだと思う。ところが、「週刊ポスト」(小学館)5月28日号で野中広務が官房機密費をジャーナリストやテレビ局、新聞社に配っていたと証言した。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

インタビュー

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』