サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > 「パンツ一丁で演技指導!?」女優ちすんが...
ニュース
薄幸の美女をしっとり演じていた彼女の素顔とは!?

「パンツ一丁で演技指導!?」女優ちすんが暴露する井筒監督の羞恥秘話

+お気に入りに追加

 夢や希望にすらすがることもできない。井筒和幸監督の最新作『ヒーローショー』に描かれているのは、若者のそんな救いのない世界だ。登場人物たちは、その暴走を止めることもできずに、ただ暴力に堕ちていく。井筒監督の視線はこれまで以上に厳しく、シリアスだ。

1006_chisun.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。(写真/有高唯之)

 そしてこの物語に登場するほとんど唯一の女性・あさみを演じるのが、女優のちすんだ。しかし、彼女が演じるのは、昨今はやりのヤンキー映画に出てくるような、単なる紅一点的なポジションではない。一筋縄ではいかない物語にふさわしく、暗い過去を背負い、千葉の片田舎で淡い希望さえあきらめて生きる未亡人。うっかり手を出したら、こっちまで不幸の渦に引き込まれそうな表情を見せている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ