サイゾーpremium  > 特集  > マスコミを賑わせたあの殺人毒婦たちの"深...
第1特集
ゼロ年代"毒婦"の傾向と対策【2】

マスコミを賑わせたあの殺人毒婦たちの"深い闇"とは?

+お気に入りに追加

──ここまで、歴史社会学者や臨床心理学者らの考察により世間を騒がせた"毒婦"たちの傾向を解説したが、事件別に彼女たちが抱えた闇を浮き彫りにしたい。

1004_ueda_2.jpg

【鳥取連続不審死】
上田美由紀(36)

 鳥取県の"ババ専"スナックに勤務し、客の男性と次々恋仲に。熱烈なアプローチとセックスを武器に大金を貢がせた。こちらも木嶋同様、周囲で6人の男性が不審死を遂げており、強盗殺人罪で起訴。父親の違う5人の子どもと、さらに情夫も一緒に、ゴミ屋敷と化したアパートで暮らすなど、荒廃した生活ぶりも話題になった。


1004_ueda_graph_2.jpg

――歴史社会学者の田中ひかる氏の分析――
「上田の特徴は"短絡的"に尽きると思います。スナックで出会った男性とすぐに寝る、すぐに交際する。殺人という一線を越えるまでの過程も短い。夫のDVに耐えかねて犯行に至った三橋や、用意周到な木嶋に比べると、短絡さが際立っています。容姿の問題が話題になりますが、ほかの2人と違い、自分をよく見せようという意識は薄い。したがって、事件と容姿にはそれほど因果関係はないように感じます」


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年12月号

ドラッグの教科書

ドラッグの教科書
    • 【薬物四法】の成立秘話
    • 【日米マリファナ】最新(裏)事情
    • 【大麻と人種】に迫るドキュメンタリー
    • 【舐達麻】がブチかます大麻論
    • 【幻覚剤】の医学的研究
    • 【ミッドナイト・ゴスペル】の見方
    • 【米ラッパー界】ドラッグ最新事情
    • 【元売人トリオ】と契約したエミネム
    • 【ドラッグ表現】の最前線
    • 【満州アヘンスクワッド】麻薬と昭和
    • 【人類とドラッグ】の1万年史
    • 【アンサングシンデレラ】薬剤師はどう見たか
    • 【処方薬】に蝕まれる日米社会
    • 【大麻成分CBD】のグレーゾーン
    • 【CBD】がよくわかるブックガイド
    • 【緊急避妊薬】と堕胎利権
    • 【ピル市販】海外の実態
    • 【サイケデリックス】と宗教的体験
    • マンガの【トンデモドラッグ描写】
    • 【シャブとサウナ】都市伝説を徹底調査

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ
    • 【佐藤あいり】気鋭の女優の美しきボディ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載