サイゾーpremium  > 特集  > 「噂の真相」元編集長が語る【小沢一郎】への国策捜査
第1特集
詰め切れない小沢疑獄と変わらないマスコミと権力の癒着

「噂の真相」元編集長・岡留安則が嘆く雑誌ジャーナリズムの諸行無常

+お気に入りに追加

――「噂の真相」休刊から6年。かつてはスキャンダリズム全開の誌面構成で、多くの読者の心をわしづかみにした岡留安則氏。国策捜査と批判された小沢問題を筆頭に、現在のスキャンダル報道をどう見ているのか──。

1004_okadome.jpg
岡留安則氏。

──早速ですが、最近のスキャンダル報道でもっとも注目しているニュースはなんですか?

岡留 やっぱり検察による一連の小沢一郎捜査だね。これまでいろんな国策捜査を見てきたけど、今回ほど露骨なものは前例がない。検察の狙いは、明らかな"小沢潰し"。検察は霞が関改革を進めようとする民主党の要・小沢を政権交代前から狙っていて、「捜査すれば何か出てくるだろう」というお決まりのパターンでやったけど、結局、起訴まで持っていけなかった。完全に検察の敗北だよ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那