サイゾーpremium  > 限定  > "キング・オブ・あらびき"ハリウッドザコ...
人気企業、人気ギョーカイのアノ噂【5】

"キング・オブ・あらびき"ハリウッドザコシショウ「吉本、ナベプロを離れ、お笑い事務所を渡り歩いたワケ」

+お気に入りに追加

『あらびき団』(TBS)出演を機に、いまや飛ぶ鳥を落とす勢いのハリウッドザコシショウ。彼は、吉本興業、ワタナベエンターテインメント、そして現在のソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)と、3つのお笑い事務所を渡り歩いてきた苦労人だという。そこで、これまでの経験を元に、お笑い事務所のそれぞれの特色を語ってもらった。

0810_zakoshisho.jpg
ハリウッドザコシショウ氏。

──92年にG☆MENS(お笑いコンビ)としてデビューして以来、吉本興業に8年間在籍。その後、ワタナベエンターテインメント(以下、ナベプロ)に移籍してますよね。まず吉本をやめた理由は?

ハリウッドザコシショウ(以下、)当時、僕らが出ていた「心斎橋二丁目劇場」が閉鎖して、新設された「baseよしもと」が若手芸人の拠点となったんです。そこは出演する芸人を4段階にランク分けていたんですが、なんと僕らは最下位になってしまったんです(笑)。それで、自分たちのようなハミ出し者はオーディションから出なくてはいけなくて......。大阪でまたイチからスタートするのなら、東京で再出発しようと決心して、吉本をやめて東京に行くことにしたんです。とりあえず、ナベプロのオーディションを受けたら、たまたま受かったので、そのまま移籍という形になりました。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ