サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 革命好きは大作先生の影響!? 学会と タ...
ニュース
ジャニーズに忍び寄る学会タレントの陰

革命好きは大作先生の影響!? 学会と タッキー "本当の関係"

+お気に入りに追加
1003_takizawa.jpg
創価学会では神社や寺社などへの"参拝"がタブーとされている。かつては鳥居をくぐることさえ禁じられていたが、最近では「心の問題だから」と緩和されてきたとの説も。

 女優・森光子が主演、滝沢秀明が相手役を務め、1月8日~2月6日まで帝国劇場で上演された舞台『新春 人生革命』。この舞台で森は、89歳にして自ら志願した7メートルのフライングや女子高生のコスプレに初挑戦。さらに、舞台のテーマソングでもあり、滝沢以下、錦織一清、Kis-My-Ft2らがコーラスとして参加したシングル「人生革命」(ジャニーズエンタテイメント)が有線演歌チャート1位の史上最高齢記録を更新するなど、各方面で大いに話題を呼んだ。

 そんな中、「週刊文春」1月14日号に報じられたのが、「森光子 ジャニーズ『カウントダウンコンサート』に駆けつけた」の記事。導入部分こそ、年末年始もジャニーズべったりだった森の行動に触れられているものの、実際に読者の目を惹いたのは「滝沢は現在、創価学会の芸術部副リーダーを務めている」「今回の舞台『人生革命』のタイトルも、池田大作名誉会長が聖教新聞で連載している『人間革命』から取ったもの」との内容だった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号