サイゾーpremium  > 特集  > 不可侵となった美食家たちの"舌" 自称食...
第1特集
辛口評論家が美食界のタブーを破り、魯山人神話を斬る!【1】

不可侵となった美食家たちの"舌" 自称食通がはびこるグルメ業界

+お気に入りに追加
gurume.jpg
「dancyu」での小山氏のグルメ連載。本当においしいんですよね? 

「あの××が推薦」「あの××の舌をうならせた」などのうたい文句に引きずられ、店選びをしたことはないだろうか? しかし、その推薦人の「舌」は必ず信用できるのか? 辛口グルメ評論家・友里征耶が、誰も語らなかった「食の神様」のタブーに切り込んでいく──。

 篆刻家(木や石に文字を彫る人)であり陶芸家であり、そして美食家として広く知られている「北大路魯山人」(1883~1959年)。"食の神様"のように扱われてきた彼だが、「はたして本当に食通だったのだろうか?」という疑念を筆者はかねてから抱いていた。多くの読者がおそらくそうであるように、『美味しんぼ』(小学館)の影響で、錯覚を植え付けられただけではないだろうか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号