サイゾーpremium  > 特集  > 日本代表NECを軽〜く圧倒!? 売上3兆...
第1特集
アップルはなぜ快進撃を続けられるのか?【1】

日本代表NECを軽〜く圧倒!? 売上3兆8600億円、純利益7400億円"アップル"が描く世界戦略

+お気に入りに追加

アップル

設立:1976年4月
本社所在地:アメリカカリフォルニア州
売上高:429億ドル(3兆8600億円、09年9月期)
カリスマ社長、スティーブ・ジョブズがわずか21歳のときに設立したアップルは、30年のとくをへて、世界有数の電子機器メーカーへと成長。マイクロソフトを追い抜く日も、そう遠くはない?

──2000年のスティーブ・ジョブズのCEO復帰以来、iMac、iPod、iPhone、そして今回のiPadと、ヒットを連発しているアップル。徹底したマーケティング、コンセプト重視の商品開発、コンテンツの連携等々がその要因とされるが、その手法は実際のところはどうなのか?

1003_iPad.jpg
発売前からすでに話題をさらっているiPad(Apple公式HPより)

「世界同時不況」「未曾有の消費不況」などと呼ばれる惨状が、08年秋の米証券大手リーマン・ブラザーズの破綻以降続いている。企業業績の悪化で将来を不安視した消費者が一気に財布のひもを締め、それによって企業業績がさらに悪化するという負の循環を前に、東芝やNECといった国内メーカーは100億円規模の最終赤字を垂れ流し続けている。メーカー各社からは「モノを作っても消費者に買う気がないからまったく売れない」(大手電機メーカー社員)と、悲鳴にも似た叫びが上がっているようだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ